セットワイン特集

トップ > 産地別 > フランス > ボジョレー ヌーボー 【新酒先行予約11月21日以降お届け】ドメーヌ・デュ・ペールギヨ・ボジョレー・ヌーヴォー 2019
赤ワイン > ボジョレー ヌーボー 【新酒先行予約11月21日以降お届け】ドメーヌ・デュ・ペールギヨ・ボジョレー・ヌーヴォー 2019

欲しくとも手に出来なかった幻のヌーヴォーが飲める!

ボジョレー ヌーボー 【新酒先行予約11月21日以降お届け】ドメーヌ・デュ・ペールギヨ・ボジョレー・ヌーヴォー 2019

    商品コード : bn0006
    価格 : 円(税別円)
    欲しくとも手に出来なかった幻のヌーヴォーが飲める!
    ポイント : 21
    数量    売り切れ
     

欲しくとも手に出来なかった幻のヌーヴォーが飲める!!
樹齢40年以上の超極上ボジョレーだ!!
まぁ飲んでみてください!!!こんな凄い味わいのヌーヴォーは前代未聞です!!
ミシュラン三ツ星で供されるはずだった最極上畑からできるブドウは前代未聞の
超凄い複雑味!!見事なる奥深さ!!そして魅惑の余韻!!




[ドメーヌ・デュ・ペールギヨ・ボジョレー・ヌーヴォー 2019]








『どうしても日本で販売したい!!』
と頼み込んでようやく分けていただいたものの、そのあまりの美味しさに解禁日当日には長蛇の列とともに即時完売・・・
買えなかった方が多数続出してしまった・・・
という伝説のボジョレー・ヌーヴォー!!
当店史上記録的な人気を誇る感動の味わいが今年もまた堪能できるんです!!

その名も、
[ドメーヌ・デュ・ペールギヨ・ボジョレー・ヌーヴォー 2019] !!

現地フランスでも、全く採算度外視で造られるこのヌーヴォーが買えるのは極僅かドメーヌ周辺の地元の愛飲家やリヨンの街中にあるビストロなど、造り手自身が、車に積んで配達できるところだけ!!。しかも全てのお客様に自らが配達してお届けしているという極上の鮮度!!
完全手造りの姿勢が、お客様にお届けするところまで完璧に行き届いた物凄いヌーヴォーなんです!!

そんなこともあって、日本に輸出することなんて有り得ない!!、まさに幻のヌーヴォーだったんですが、インポーターさんの尽力で皆様にもこの極上のヌーヴォーをお試しいただくチャンスが訪れてきたんです!!

何が凄いって、ボジョレーでわずか10地区しかないクリュ(特級)ボジョレー区画の中でも最も力強いボジョレー(ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ産に劣らない物もある)ができると言われているモルゴンにあって、その中でも最も樹齢の古い畑を持ち、収穫は村でも常に一番最後。つまり最も濃縮度の高いブドウ樹の、最高に完熟したブドウだけを使用した全てが完全栽培、完全手造りのヌーヴォーなんです!!

もっと詳しくお話しますと・・・
モルゴンの中には、【グラン・クラ】【コート・ド・ピィ】というモルゴンの中でも別格の最優良区画があるんですが、そんな極上の畑を持ち、樹齢40年以上という桁外れのブドウを収穫し、そんな極上のブドウだけで造られる毎年極僅かしか造られない幻のヌーヴォー・・・というわけです。

過去のヴィンテージの味わいも見事!!
まさに前代未聞の凄い味わいだったんです!!
『口に含んだ瞬間に広がるコーヒーのような香ばしさ、さらには特級土壌から来る妖しい魅惑的なタバコのような風味は、ボジョレー・ヌーヴォーの味わいとは全く超越した、まさに前代未聞の複雑味!!。樹齢40年以上の樹齢の凄さが手に取るように満喫できるんです!!
この価格で堪能できるボジョレー・ヌーヴォーとは絶対に思えません!!』

生産量わずか1500ケースのみのまさに幻です!!
是非とも、是非とも、この最高峰の凄い味、たっぷりとたっぷりとご堪能ください!!





【2019年ボジョレー・ヌーヴォー大特集!京橋ワイン厳選の極上ヌーヴォーばかり!】



★ボジョレー・ヌーヴォーを含む商品のお届け日のご注意★

注意1:こちらの商品を含むご注文に関しましては、
すべてヌーヴォー解禁日【11月の第3木曜日】以降のお届けとなります。

注意2:解禁日【11月の第3木曜日】にお届けご希望の場合は、
【11月の第3木曜日の3日前の月曜日の朝9:59】までのご注文で締め切らせていただきます。

注意3:【離島、山間部等一部地域】その他一部地域は
上記お届け日より+1日以上かかることがございますのでご注意下さい。



※ボトル画像は過去ヴィンテージの画像となります。



※品切れの際、至急インポーター様の在庫を確認し、
補充いたしますが、終売の場合は何卒ご容赦ください。



Domaine du Pere Guillot Beaujolais Nouveau [2019]
■色・容量:
赤750ml スクリューキャップ使用
■ALC:
 
■ブドウ品種:
ガメイ100%
■産地:
フランス・ブルゴーニュ・ボージョレ地区
■味わい:
辛口 ミディアム
■ラベル表示:
 


[ドメーヌ・デュ・ペールギヨ]は1968年に設立したドメーヌで1990年代前半より2人の息子が手伝いをする家族経営のドメーヌ。ブルゴーニュはボジョレーの特級区画モルゴンにそのすべての畑を持っていて、6つの異なる最高級区画[コルセルット]、[コート・ド・ピィ]、[レ・シャルム]、[ドゥービー]、[ミコード]、[グランクラ]に畑を持っています。

このモルゴンで畑仕事に携わるのはローラン。もちろん畑仕事からワインにするまでを一貫して行なっています。
岩盤とその下の深い花崗岩が何層にもなっている土壌、ボディと複雑さと奥行きのある味わい深いフルーツ感はそこからきます。常に彼の収穫はモルゴンで一番最後。ぶどう本来の味わいを優先し、フルーティーかつ熟した果実味を残すのをポリシーとしています。

そんな彼の最大の特徴は、信じられないほど手をかけたブドウ栽培にあります。
伝統的な栽培方法である「ホルベ」と言う茎を束ねる作業を全て手作業で行っていて、ブドウが受ける太陽光線の調節をそれぞれ細かく管理しているんです。

つまり、葉、そしてぶとう房がバランスよく太陽光線を受けるように余計な葉を束ねることによって効率よく太陽光線が完熟ブドウのエキスとなるように、一本一本丁寧に茎を束ねていくんです!!。まさに想像を絶する手造りです。(他の造り手でここまでやっているのは全く聞いたことがありません)

そんな極上のモルゴンの畑で極めて贅沢に手造りされたボジョレーは今までコンクールに一度も出展したことがないほど、その美味しさからフランス国内の顧客やレストランで90%以上を売り切ってしまい、ラグビーのフランス代表がこの地を合宿で訪れるときには、ここでしか飲めない[グランクラ]の畑のものしか飲まないとか。まさに幻のボジョレーというわけです。

【ボジョレー】 【ボージョレ】 【ヌーヴォー】 【ヌーボー】 【ボジョレー・ヌーヴォー】 【ボジョレ・ヌーヴォー】 【ボージョレー・ヌーボー】


  • ボジョレーヌーボー【新酒先行予約11月21日以降お届け】ドメーヌ・デュ・ペールギヨ・ボジョレー・ヌーヴォー2019

WEEKLY
RANKING週間ランキング

セットワイン・ランキング