セットワイン特集

  • トップ
  • 赤ワイン
  • フォリス・ログ・ヴァレー・ピノ・ノワール2018【アメリカ】【赤ワイン】【750ml】【オレゴン】【Foris】

高級ピノ・ノワール産地オレゴン屈指のバリュー・ピノ!

フォリス・ログ・ヴァレー・ピノ・ノワール2018【アメリカ】【赤ワイン】【750ml】【オレゴン】【Foris】

    商品コード : mtx2037
    価格 : 円(税別円)
    高級ピノ・ノワール産地オレゴン屈指のバリュー・ピノ!
    ポイント : 25
    数量    残りあと13個
     

高級ピノ・ノワール産地オレゴン産ピノ・ノワール100%がなんと2,280円(税別)!
オレゴン最南端で40年の時間をかけ、研究に研究を重ね、証明されたテロワールとワイン醸造!!
リッチで細かなタンニン!フレッシュで生き生きとした果実とのバランス!!
『プラムやブラックベリー、スパイスの芳醇なアロマに、微かなフレンチオークのフレーバーがよりそいます!』




[フォリス・ログ・ヴァレー・ピノ・ノワール2018]




オーナーのテッド・ガーバー氏は、40年の歳月をかけて、この場所がブドウ栽培に適していると 証明した不屈の精神の持ち主です。冬は厳しく、冷涼な気候で、赤はピノ、白はアルザス品種に秀逸なものを感じます。



ドルーアン、コント・ラフォン、ルイ・ジャドなどブルゴーニュの一流ドメーヌが次々と進出してくるのがオレゴン!

ピノ・ノワールの高級産地としてアメリカの中でも特別な存在感のある産地ですが、総じて「高い」のが悩みの種です。

そんな中、このワインはコスパが高いと評判のワインです!

どうして、こんな価格が実現できるのか?というと、実は造り手である[フォリス・ヴィンヤーズ]は、これまであまり知られていなかったログ・ヴァレーというところを拠点とするワイナリーなのです。多分、現時点ではオレゴン最南部にあり、一般的なウィラメット・ヴァレーなどに比べ、コストがダントツに安いため、そのコスパは抜群です。


それが
[フォリス・ヴィンヤード・ログ・ヴァレー・ピノ・ノワール 2018]!!


造り手である[フォリス]のオーナであるテッド・ガーバー氏が手つかずの自然が残るこの地域に土地を購入したのは1971年。標高450メートルのところにあるこの地域は、当時はブドウ栽培には適さないと考えられており、実際、当初はなかなかうまくいきませんでした。しかし彼は確かな可能性を確信し、地域の中でも適した場所を徹底的に研究した結果、ついにブドウ栽培に成功したのです。

そして、優秀な苗木業者となり、主としてカリフォルニアのワイナリーに苗木を供給して、その基礎を固めました。

しかし、自社ワインの生産という夢を忘れていなかった彼は、1986年から有能なワインメーカーを雇って自社瓶詰めを始めたのです。

約40年の歳月をかけて、自ら開拓し、全く何もないところから、成功を掴んだ開拓者ゆえに、生み出すワインのコストパフォーマンスはどれも抜群です。

あのイギリスのワイン評論家の中でも大家として知られるヒュー・ジョンソン氏も白ピノ・ブランや赤ピノ・ノワールの品質の高さに言及しており、また、全米で利用者の多いネット・ワインショップで、2010年には【人気赤ワイントップ10】に選ばれています。

そんな[フォリス]を代表するのは、もちろん、オレゴンをオレゴンたらしめているピノ・ノワール!。この地の可能性を信じてきたオーナー、テッド・ガーバー氏のすべてを注ぎ込んで追求されたワインでもあります。

2018年は、理想的な天候に恵まれた年となりました。ブドウもゆっくりと熟し、プラム、チェリー、ハーブ、花のフレーバーが立ち上がり、さらに微かなフレンチオークの風味が豊かなボディを支えます。全体的には、しっかりめの果実味を楽しむタイプのピノ・ノワールです!。

2,000円台前半で手に入るオレゴン・ピノ・ノワールは本当に希少ですので、ぜひ、お早めにお求めください。

画像はヴィンテージ違いとなっております。


Foris Rogue Valley Pinot Noir 2018
■色・容量:
赤750ml
■ALC:
14%
■ブドウ品種:
ピノ・ノワール100%
■産地:
アメリカ、オレゴン州、ログ・ヴァレー
■味わい:
辛口
■ラベル表示:
酸化防止剤(亜硫酸塩)



ドルーアン、コント・ラフォン、ルイ・ジャドなどブルゴーニュの一流ドメーヌが次々と進出してくるのがオレゴン!

ピノ・ノワールの高級産地としてアメリカの中でも特別な存在感のある産地ですが、総じて「高い」のが悩みの種です。

そんな中、このワインはコスパが高いと評判のワインです!

どうして、こんな価格が実現できるのか?というと、実は造り手である[フォリス・ヴィンヤーズ]は、これまであまり知られていなかったログ・ヴァレーというところを拠点とするワイナリーなのです。多分、現時点ではオレゴン最南部にあり、一般的なウィラメット・ヴァレーなどに比べ、コストがダントツに安いため、そのコスパは抜群です。

2018年は、理想的な天候に恵まれた年となりました。ブドウもゆっくりと熟し、プラム、チェリー、ハーブ、花のフレーバーが立ち上がり、さらに微かなフレンチオークの風味が豊かなボディを支えます。全体的には、しっかりめの果実味を楽しむタイプのピノ・ノワールです!。

2,000円台前半で手に入るオレゴン・ピノ・ノワールは本当に希少ですので、ぜひ、お早めにお求めください。

最近カートに入れた商品

最近ご覧いただいた商品

あなたにオススメの商品

WEEKLY
RANKING週間ランキング

ジャンル別ランキング1st

食品市場ランキング

新着ワイン