セットワイン特集

  • トップ
  • 産地別
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • ドメーヌ・ルージョ・ブルゴーニュ・コート・ドール・シャルドネ“クロ・デ・シス・ウヴレ”2018

    【フランス】【ブルゴーニュ】【750ml】【辛口】
  • トップ
  • 白ワイン
  • ドメーヌ・ルージョ・ブルゴーニュ・コート・ドール・シャルドネ“クロ・デ・シス・ウヴレ”2018

    【フランス】【ブルゴーニュ】【750ml】【辛口】

ムルソーの至宝が放つ極旨ACブルゴーニュ白!!

ドメーヌ・ルージョ・ブルゴーニュ・コート・ドール・シャルドネ“クロ・デ・シス・ウヴレ”2018

【フランス】【ブルゴーニュ】【750ml】【辛口】

    商品コード : amz0213
    価格 : 円(税別円)
    ムルソーの至宝が放つ極旨ACブルゴーニュ白!!
    ポイント : 43
    数量    残りあと124個
     

ムルソーの至宝がかつて[オスピス・ド・ボーヌ]の所有だった畑から放つ
極旨ACブルゴーニュ白!!
その生産量は2018年産で3504本のみのレア品!!
『驚愕の美味しさ!!とにかく飲んでみてください!!』
並のムルソーが顔色を失う味わいと品質!!芳醇で芯と深みのある風味と余韻!!




[ドメーヌ・ルージョ・ブルゴーニュ・コート・ドール・シャルドネ“クロ・デ・シス・ウヴレ”2018]



一人でも多くのワイン好きの方々に是非お試しいただきたい極旨ブルゴーニュ白ワイン の登場です!! ACブルゴーニュながら、より上級クラスのヴィラージュもの (村名ワイン)と見紛う 風味!! それもその筈、畑はかつて[オスピス・ド・ボーヌ]が所有し、現在はドメーヌ敷地内で 単独所有する畑から生まれた白。 造ったのは、有機農法への転換でも結果を出すた貴重なドメーヌ!!

その名も、 [ドメーヌ・ルージョ ブルゴーニュ・コート・ドール・シャルドネ “クロ・デ・シス・ウヴレ” モノポール 2018]

ワイン名の一部、“クロ・デ・シス・ウヴレ”は畑名で、この畑のブドウを使った キュヴェ名です。 ムルソー村中心部近くのドメーヌ敷地内に位置するこの畑は、かつて[オスピス・ド・ ボーヌ]が所有していましたがルージョ家が買取り、現在は実際にクロ(Clos)と いう石垣に囲まれたモノポール(単独所有畑)としてこのワインをリリースしています。そしてラベルに表記された[クロ・デ・シス・ウヴレ]という数字ですが、 「ウヴレ」とは中世、農夫が1日に畑を耕せる畑の広さの単位として用いられていまし た。余談ですが、かの[ラ・ターシュ(La Tache)]の「ターシュ」が、農夫のノルマ的 単位に用いられていたのになんだか似ています。 

1ウヴレは4.28アール、およそ20m四方の小さな畑6つ分を、しっかりと管理しブドウを 育てていたということが理解できます。 また、畑の場所は現在ドメーヌの敷地内の一部で、当然のことながらムルソーと密接に 関連したテロワールがあり、「プティ・ムルソー」と言われるほどの素晴らしい品質を 誇ります。 

ドメーヌでは、すべて手摘みで収穫したブドウは畑で選別、破砕せず全房を空気圧で 自然圧搾。2日間の低温浸漬後に、天然酵母でアルコール発酵し、樽でのマロラクティ ック発酵も実施。 その後バトナージュせずに新樽率5%のオーク樽で18か月間の熟成。 澱引き後に軽く ろ過して瓶詰めしています。 こうして造られた白は、ドメーヌによるとふくよかでクリ ーミーながら酸により引き 締められ、15分ほどのデキャンティングで旨みが出始め、2023年かそれ以上セラーで 寝かせられるとのこと。 なおこのキュヴェの年産は通常6〜8樽のみの希少品で、ご案内の2018ヴィンテージでは 通常ボトル3504本、マグナムボトル125本を2020年4月に瓶詰めしたとのこと。

そして、ヴィンテージも見逃せない!! この2018ヴィンテージはブルゴーニュ白の 大当たり年!! アメリカの専門誌【ワイン・エンスージアスト】が 【94点】のスコアを付ける、 いわゆるグレート・ヴィ ンテージです。

ちなみに、 『ACブルゴーニュとしてはお値段少々高めですが、クオリティーは間違いなく村名 クラスです。』 とは、「鶏とキノコのクリーム煮」と合わせたインポーターさんのコメント。

そこで当店でも試飲したところ、 『ACブルゴーニュのカテゴリーを突き抜ける満足感を感じる味わい!!』 『深みがあり輝きのあるイエローゴールドの色調に、 ひと口目から広がる華やかな 香りと、フレッシュながら果実味に芯と深みがあるワンランク上の味わいが長く口に 残り、余韻にまで続くんです。また完熟シャルドネの風味を彩る、上質で美しい酸と、 タンニン由来のほのかな苦みがワインに複雑さを与えています。 さらに、近年のムルソーの特長となりつつある、豊富なミネ ラル感を持つ果実味に、 白い花に洋ナシや白桃だけでな く、アーモンドやハシバミなどをイメージさせる ニュアンスまでと、実に様々雑な風味が楽しめるんです。 格上ワインを彷彿とさせるこの白には、サーモンマリネや 甲殻類または旬の野菜の テリーヌなどの前菜から、メインならホタテのホワイトグラタン、銘柄豚や仔牛の クリーム煮などのバターを使った料理、チーズなら熟成ブリーやブルー・デ・コース などが相性が良さげです。』

パーカー【96点】の大当たり年も手伝い、このキュヴェでも並の村名クラ スを凌駕 する味わいは、ちょっと豪華に本格的料理とも合わせたい逸品です。 そんなお値打ち品を、この機会にしっかりとしっかりと お買い求めください。

※品切れの際、至急インポーター様の在庫を確認し、
補充いたしますが、終売の場合は何卒ご容赦ください。


Domaine Rougeot Pare et Fils, Bourgogne Cote d'or "Clos des Six Ouvrees" Monopole 2018
■色・容量:
白750ml
■ALC:
13%
■ブドウ品種:
シャルドネ100%
■産地:
フランス - ブルゴーニュ地方
■味わい:
辛口
■ラベル表示:
酸化防止剤(亜硫酸塩)


「ルージョ家」はムルソー村で5世代続く生産者で、 ドメーヌは村の中心部にあり、有機栽培で低硫黄等の最小 限な人的介入による手法で、高品質なワインを生み出して います。

所有畑はムルソー内かそのすぐ近くにあり、大部分は1950 年代後半に現当主「ピエール=アンリ・ルージョ氏」の祖父 が植樹し、1980年代初頭に氏の父が部分的に植え替えました。  19世紀にピエール=アンリの曾祖父が購入した、18世紀の 石造りの地下カーヴは、元々隣接する果樹園用として 「オスピス・ド・ボーヌ」の為に建てられたもので、当時の 果樹園は今はエレガントな庭園と、小さなモノポールの ブドウ畑に変わっています。 

2010年に「ピエール=アンリ氏」が戻って以来、ドメーヌは 有機農法を実践しており、2018年ヴィンテージからは正式 に有機認証を取得する予定です。 

ドメーヌの哲学は、テロワールをより多く表現させ、より 強いアイデンティティを得ることです。そして持続可能な 農業だけではなく、ワインから最も純粋な果物の表現を抽 出する事。 実践する有機農法は、細かな対応と的確な処置で、栽培時 の硫黄と銅の削減に積極的で、ブドウ畑で除草剤を使用し た事はなく、2012年には全ての農薬の使用を中止しました。

また、醸造過程で使用される亜硫酸塩量に関する実験を通 して、亜硫酸塩がワインの芳香性の範囲と精度を低下させ る事を確認し、2016年以降、亜硫酸塩は瓶詰め時のみ使用 され、一部のキュヴェでは全工程を通して亜硫酸塩無添加 も試みています。 

造りでは、白ワインは全房のまま空気圧でプレス、1〜2日間 タンクで落ち着かせた後、伝統的な228Lの樽で天然酵母に よって発酵。12〜18ヶ月間の熟成後、ワインをタンクに集め 1ヶ月間休ませてから、軽い濾過をして瓶詰めします。 その際、SO2が極少量だけ添加されます。 

とにかく精力的で精緻で、そして美味しさに満ち、説得力 のあるワインを生産しながら、[ドメーヌ・ルージョ]は 表舞台に出ることも少なく、静かに黙々と自らの成すべき 仕事を完璧にこなしてきました。 ドメーヌ全体でも年産合計25,000本という小規模生産者の 為、これまであまり知られてきませんでしたが、称賛に値 する素晴らしいドメーヌであることは間違いありません。

最近カートに入れた商品

最近ご覧いただいた商品

あなたにオススメの商品

WEEKLY
RANKING週間ランキング

ジャンル別ランキング1st

11.5 Update

食品市場ランキング

新着ワイン