ボジョレー特集
セットワイン特集
ボルドーワイン特集

  • トップ
  • 赤ワイン
  • ドメーヌ・ジャン・タルディ ヴォーヌ・ロマネ“ヴィニュー”2017

    【フランス】【ブルゴーニュ】【750ml】【ミディアムボディ寄りのフルボディ】【辛口】

特級[ロマネ・サン・ヴィヴァン]に近接ロケーション!!

ドメーヌ・ジャン・タルディ ヴォーヌ・ロマネ“ヴィニュー”2017

【フランス】【ブルゴーニュ】【750ml】【ミディアムボディ寄りのフルボディ】【辛口】

    商品コード : njt0207
    価格 : 円(税別円)
    特級[ロマネ・サン・ヴィヴァン]に近接ロケーション!!
    ポイント : 121
    数量    売り切れ
     

特級[ロマネ・サン・ヴィヴァン]に近接ロケーション!!
神様アンリ・ジャイエの流儀を引継ぐ[ジャン・タルディ]!!
パーカー絶賛のブルゴーニュの至宝が精魂込めて仕上げたヴォーヌ・ロマネ!!
ヴォーヌ・ロマネの土や鉄の風味と、複雑で多様性のある味わい!!
美しいタンニンと酸とのバランスも見事!!すべてが長い余韻へと続きます!!




[ドメーヌ・ジャン・タルディ ヴォーヌ・ロマネ“ヴィニュー”2017]



キラ星のごとく輝く数多のグラン・クリュ(特級畑)を擁し、人気の筆頭に君臨する [ヴォーヌ・ロマネ]。 そんなヴォーヌ・ロマネから、ベーシックなヴィラージュ級(村名挌)ながら、 特級[ロマネ・サン・ヴィヴァン]の目と鼻の先というロケーションに恵まれた、 年産1850本ほどの畑名入り希少かつ高品質な1本の登場。

造ったのは・・・・、 あの世界的権威ワイン評論家「ロバート・パーカー氏」が、 『タルディーは、とりわけメタヤージュ(分益小作契約)の取り決めを交わしている クロ・ド・ヴージョやニュイ・サン・ジョルジュ・レ・ブドの小さな区画から4ツ星 (★★★★)や5ツ星(★★★★★)の品質のワインを作り出す能力を持っている。』 と最高の評価をし、

愛好家必携のワインガイド【ブルゴーニュ・ワイン】の著者「セレナ・サトクリフ 女史」も、 『他に例を見ないほど後味の長いワインが生まれる。手に入れるのが難しいかもしれ ないが苦労して味わってみれば、それだけの価値があることが分かる。タルディが努力 して造り出すワインに、私はますます印象を深めている。』 と、その力量と品質を大絶賛する、まさにブルゴーニュの至宝とも言える凄腕。

その名も、 [ドメーヌ・ジャン・タルディ ヴォーヌ・ロマネ“ヴィニュー”2017]!!

あの【ブルゴーニュの神様】と敬愛され、今や1本50万もザラという、[ロマネ・コン ティ]彷彿の伝説のスーパーワインを産み出した[故アンリ・ジャイエ氏]からワイン 造りを学んだ、超一流の本格派生産者こそが[ジャン・タルディ]。 華やかな香りと、果実味の強い凝縮感のある味わいに、骨太でタンニンに溢れ、熟成に より真価を発揮するピノ・ノワールを世に送り出し、名実共に至宝ドメーヌの仲間入り を果たしています。 しかもこの造り手は、自社畑の中からの最高のブドウだけを自家瓶詰めにし、残りは [メオ・カミュゼ]や[ジョゼフ・ドルーアン]、[ルイ・ジャド]など、錚々たる造り手 たちに売ってしまうのです。 ということは、タルディのブドウの素材は、それらの生産者の素材に勝るとも劣らない ということ!!

だから本当に美味しいんです!! そしてラベルに表記されている[ヴィニュー]という畑のロケーションも凄いんです。 何故なら畑が位置するのは、村の北部ヴージョ側、特級[ロマネ・サン・ヴィヴァン]と 1級畑[レ・スショ]のすぐ東。 小石の多い浅い粘土石灰質土壌に、ドメーヌは0.34haの区画を所有。そこにギュイヨ・ サンプル仕立てリュット・レゾネ(減農薬農法)で栽培するピノは1986年に植樹。 手摘みによる収穫したブドウは100%除梗。果実はほとんど破砕せず10℃で7日間の低温 浸漬。発酵の間は櫂入れをあまりせず、発酵後にルモンタージやピジャージュを優しく 行いながら、さらに32℃で約5日間の果皮浸漬。 その後は澱引きせずに、新樽率25〜35%のオーク樽にて16〜20ヶ月の樽熟成し瓶詰めさ れます。 こうして造られたワインの平均年産は約1,850本で、土壌がもたらす凝縮感のある力強い 味わいが特徴。

さらに、ご案内の2017ヴィンテージは・・・、 アメリカの専門誌【ワイン・エンスージアスト】のヴィンテージチャートが、 コート・ド・ニュイに【95点】、世界中で最大購読者数を誇る【ワイン・ スペクテーター誌】も【94点】のハイスコアを付ける、グレートヴィンテージ。

そこで当店でも試飲したところ・・・・、 『クリアーで深みのあるルビーレッドの色調。まず何より、特徴的なのが鉄分の風味。 これだけでヴォーヌ・ロマネだと知らせてくれます。 そして、香りも味わいもフルーティーさに加え、熟した果実味が素晴らしく、また気品 ある香りにはスミレにブラックベリーやブラックチェリー、カシスなどの黒い木の実の ニュアンスに加え、深紅のバラやハーブなどに、鉄分土壌由来のスパイシーな要素もあ り、それら全てがエレガントで奥深い風味を形成しているんです。 さらに酸はしっかりながらも上質で、同じくしっかりし たタンニンもかすかにカカオ の要素を持つブドウのエキスに溶け込み、どれもが突出することなく、バランスよく 全体を構成しているんです。 余韻も長く厚みがある魅惑的なこの1本は、ヴォーヌ・ロマネらしい優美さ芳醇さを 満喫できる美酒で、コック・オー・ヴァンやブフ ・ブルギニヨンだけでなく、 シンプルな牛肉や地鶏のグ リル、チョコレート系のデザート、チーズならやはりブル ゴーニュのエポワスなどウォッシュタイプと楽しみたいものです。』

「故ジャイエ氏」の流儀を引き継く、超一流の本格派生産者[ジャン・タルディ]!! 美味しいブルゴーニュワインをお探しの皆様、 これ以上のワインにはそうそう出会え ません!!

※品切れの際、至急インポーター様の在庫を確認し、
補充いたしますが、終売の場合は何卒ご容赦ください。


Domaine Jean Tardy, Vosne-Romanee "Vigneux" 2017
■色・容量:
赤750ml
■ALC:
13%
■ブドウ品種:
ピノ・ノワール100%
■産地:
フランス・ブルゴーニュ-コート・ド・ニュイ地区
■味わい:
ミディアムボディ
■ラベル表示:
酸化防止剤(亜硫酸塩)


あの[ロマネ・コンティ]を始めとする数々の世界最高峰の ワインが生まれる「ヴォーヌ・ロマネ村」に本拠を構える [ドメーヌ・ジャン・タルディ]は、現当主「ギヨーム・タ ルディ氏」の祖父「ヴィクトル・タルディ氏」が創設した 比較的新しいドメーヌです。

当時、隣の「フラジェ・エシェゾー村」から転居してきた ヴィクトル氏は自らの畑を所有しておらず、1920年にヴォ ーヌ・ロマネ村の名士カミュゼ家(現在のドメーヌ・メオ・ カミュゼ)から、葡萄畑をメタヤージュ(分益小作契約) することによってワイン造りを始めました。

その後1966年に、現在ドメーヌの名称にもなっているヴィ クトル氏の息子「ジャン・タルディ氏」が、[ドメーヌ・ メオ・カミュゼ]と特級畑「クロ・ド・ヴージョ」、ヴォ ーヌ・ロマネの1級畑「レ・ショーム」、ニュイ・サン・ ジョルジュ村の1級畑「レ・ブド」についてメタヤージュ を締結し、今日の名声を得ることになる本格的なワイン造 りの基盤を築きました。

またジャン・タルディ氏は、メタヤージュの関係からメオ ・カミュゼで働いていた時に、今では伝説の人物となりつ つある、神様「アンリ・ジャイエ氏」からブドウ栽培とワ イン醸造のノウハウを学び、大きく彼の影響を受けました。 その結果、華やかな香りと果実味の強い凝縮感のある味わ いと、骨太でタンニンに溢れ、熟成により真価を発揮する ワインを世に送り出し、名実共に超一流ドメーヌの仲間入 りを果たしたのです。

しかし、しかしです。メタヤージュは契約であるからには 期限があります。その期限が2007年だったのです。 そのため、ドメーヌの看板ワインであった3つの区画、 「特級クロ・ド・ヴージョ(0ha26a)」、「ヴォーヌ・ロ マネ1級レ・ショーム(1ha55a)」、「ニュイ・サン・ジョ ルジュ1級レ・ブド(1ha05a)」を返却せざるを得ませんで した。それは取りも直さず、栽培家、醸造家として経済的 に大打撃を被ったことになります。

畑作業を最も重視し、永年、手塩にかけて育んできた土と ブドウ、そこから神様直伝の手法により造り出した極上ワ イン。覚悟していたこととはいえ、ドメーヌを運営する 「タルディ家」の心境は察するに余りあります。
あのパーカーさんでさえ、ふた昔ほど前から、 『タルディの一流のワインは、あと10年で分益小作の契約 が切れる畑から生まれる。この非常に才能のある醸造家が、 ほかの価値ある区画を見つけてくれることを私は希望して いる。』 と[ドメーヌ・ジャン・タルディ]の行く末を案じていました。

今回ご紹介のお買い得ワインは、そんな困難に直面してい る偉大な醸造家が、残された所有畑から精魂込めて造った 逸品。 個人的にも二十年以上も前に彼らのワインの美味しさに出 会いファンとなった立場として、せめてものエールの気持 ちも込めご紹介させて頂く次第です。

最近カートに入れた商品

最近ご覧いただいた商品

あなたにオススメの商品

WEEKLY
RANKING週間ランキング

ジャンル別ランキング1st

11.5 Update

食品市場ランキング

新着ワイン