セットワイン特集

今注目されている、オレゴン・ワシントン特集!

こんにちは!オレゴン・ワシントン特集ページへようこそ! カリフォルニアの北がオレゴン州、その北に位置するのがワシントン州です。 オレゴンといえば、ピノ・ノワール、そしてワシントンといえばカベルネやシラー、リースリングなどの品種がまず思い浮かびます。 しかし、今やオレゴンもピノ・ノワールだけでなく、そしてワシントンでも様々な品種で、魅力たっぷりのワインを造っています。 隣同士の州とはいえ、ワシントンは、乾燥し、まるで砂漠のような赤土と気候でフィロキセラも寄せ付けず、冬は凍りつくほどに寒いという特徴的な気候、一方のオレゴン州は適度に冷涼でピノ・ノワール栽培に適し、多くのブルゴーニュの生産者が進出しています。 全体的にみれば、まだまだ過小評価されているオレゴン&ワシントンのワインをこの機会にぜひ飲んでみてください。

実は優良産地!ワシントン

ワシントン州の産地は、カスケード山脈を越えた内陸部にあるため、冷涼な気候でピノ・ノワールの産地として知られるオレゴン州とは真逆な砂漠のような気候が売りの産地です。 生産量はカリフォルニアに次ぐ国内第二位。現在、12のAVA(ワイン栽培指定産地)があります。ブドウの生育に重要な日照時間がカリフォルニアよりも一日平均で2時間 以上も長く、約17.4時間もある上、また砂漠のような乾いた気候は、昼40度近くにもなると同時に夜は物凄く寒くなり、寒暖の差が激しいことが、完熟したブドウを生み出します。 気候も安定していて、ヴィンテージごとのばらつきも少なく、 毎年がグレートイヤーともいえる安心感をもたらすのが、この産地の特徴です。 バリューの高さは、カリフォルニアを抜く勢いですが、 まだまだ知られざる産地です。

ピノ・ノワール王国!オレゴン

オレゴンのワイン全体の生産量は全米で第3位ですが、トップのカリフォルニアの15分の1程度となっており、カリフォルニアの足元にも及びません。それでも、オレゴンが有名なのは、特にピノ・ノワールの世界的な生産地として認識されているからです。 赤ワインは、ピノ・ノワール、白ワインならピノ・グリ、というのがオレゴンの定番。しかし、ここ数年で様々な品種が植えられるようになり、特に白はインターナショナル品種であるシャルドネもクローンを変えたことで生まれ変わり、リースリングやゲヴェルツトラミネールといったアルザス由来の品種も注目されています。 今や、ブルゴーニュ、ニュージーランドのセントラル・オタゴと並び、ピノ・ノワールの世界三大産地のひとつと位置づけられています。

今注目されている、オレゴン・ワシントン特集!
イチオシ

こんにちは!オレゴン・ワシントン特集ページへようこそ!
カリフォルニアの北がオレゴン州、その北に位置するのがワシントン州です。
オレゴンといえば、ピノ・ノワール、そしてワシントンといえばカベルネやシラー、リースリングなどの品種がまず思い浮かびます。 しかし、今やオレゴンもピノ・ノワールだけでなく、そしてワシントンでも様々な品種で、魅力たっぷりのワインを造っています。
隣同士の州とはいえ、ワシントンは、乾燥し、まるで砂漠のような赤土と気候でフィロキセラも寄せ付けず、冬は凍りつくほどに寒いという特徴的な気候、一方のオレゴン州は適度に冷涼でピノ・ノワール栽培に適し、多くのブルゴーニュの生産者が進出しています。
全体的にみれば、まだまだ過小評価されているオレゴン&ワシントンのワインをこの機会にぜひ飲んでみてください。

オレゴンのワイン全体の生産量は全米で第3位ですが、トップのカリフォルニアの15分の1程度となっており、カリフォルニアの足元にも及びません。それでも、オレゴンが有名なのは、特にピノ・ノワールの世界的な生産地として認識されているからです。
赤ワインは、ピノ・ノワール、白ワインならピノ・グリ、というのがオレゴンの定番。しかし、ここ数年で様々な品種が植えられるようになり、特に白はインターナショナル品種であるシャルドネもクローンを変えたことで生まれ変わり、リースリングやゲヴェルツトラミネールといったアルザス由来の品種も注目されています。
今や、ブルゴーニュ、ニュージーランドのセントラル・オタゴと並び、ピノ・ノワールの世界三大産地のひとつと位置づけられています。
オレゴンワイン
ワシントンワイン
オレゴン・ワシントンのはいったセット