シャンパーニュ・フロマンタン・レクラパール特集
ドメーヌ・ガシェ特集
あなた好みのワインを見つける6つの扉
ヴィンツァークレムス特集
モーゼルユンガー特集
マスラヴァル特集

グレッツァー オーストラリアのカリスマ!

グレッツァーとは?

今やオーストラリアを代表するシラーズの造り手となったグレッツァーですが、意外に設立は新しいブティック・ワイナリーです。

グレッツァー家は1885年にバロッサ・ヴァレーにドイツ移民としてやってきました。
1995年に、コリン・グレッツァー氏が伝統あるワイナリーでワインメーカーをつとめた後に独立して、息子たちと家族経営のワイナリーを立ち上げました。

1996年の初ヴィンテージから注目をあつめ、1997年にはパーカー92点、2002年にはパーカー97点などを獲得。それ以来、本拠地であるバロッサヴァレーのエベニーザ地区のブドウを使って、小規模にワイン造りを行っています。

現在はコリン・グレッツァー氏の息子であるベン・グレッツァー氏がワインメーカーとして世界的にも知られており、その力強さの中にもエレガントさをもつシラーズを中心に、地元に根差した小規模かつハイエンドのワイン造りに専念するワイナリーです。

天才ベン・グレッツァー

先代のコリン・グレッツァー氏もバロッサ・ヴァレー・エステートという100年以上の伝統あるワイナリーでワインメーカーをつとめ、E&Eブラック・ペッパー・シラーズという有名なワインを作り上げた人物でしたが、息子であるベン・グレッツァー氏はそれ以上の評価を得るオーストラリアを代表するワインメーカーとなりました。

カンタス・ヤング・ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー、ロバート・パーカー・ワイン・パーソナリティ・オブ・ザ・イヤー、新世界ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー(イギリス)などを獲得するなど世界的な評価をえています。

リリース直後の1997年ヴィンテージ以来、最高峰のワインとして造られてきたアモンラは、ロバート・パーカー氏主宰の「ワイン・アドヴォケート誌」において評価のなかった2004年以外のすべてのヴィンテージで90点以上を獲得し、最近のヴィンテージはほぼ95点以上を獲得しています。

地元に根差したワイナリー

これほど高い評価を受けつつも、グレッツァーは規模を大々的に拡充することなく、自社畑および昔から強いつながりのあるブドウ栽培家から購入するエベニーザ地区のブドウを使って生産するブティック・ワイナリーを貫いています。

グレッツァーの名前のもとに造るのは4種類の赤ワイン。
そしてもう少しカジュアルレンジとしてハートランド・ブランドがありますが、どちらもエベニーザ地区の昔からつながりの強い栽培家のブドウのみを使っています。そしてワインはそのほとんどが赤ワイン。
シラーズとカベルネが中心で、さらにベン・グレッツァー氏が自由な発想でブレンドして作り上げる個性的な赤ワインが魅力です。

2023年9月に、ベン・グレッツァー氏(写真左)が来日し、当社を訪問してくださいました。来日記念にボトルにサインをいただきました。

単品ワイン
ワインセット
※商品情報は、現在の商品ページと異なる場合がございます。詳細は商品ページでご確認下さい。