シャンパーニュ・ジャック・ブサン特集
ドメーヌ・ガシェ特集
あなた好みのワインを見つける6つの扉
ヴィンツァークレムス特集
シャンパーニュ・フロマンタン・レクラパール特集
モーゼルユンガー特集
マスラヴァル特集

シャンパーニュ・ジャックブサン
「5つの特級村のブドウから造られる伝統のシャンパーニュ」

シャンパーニュ・ジャックブサンとは?

17世紀からブドウ畑を経営。
シャンパーニュ・ジャック・ブサンの歴史は、ジャック・ブサンの祖父であるエルネスト・ブサンが、1902年に先祖代々受け継がれてきた繊細なシャンパーニュ方式で独自のシャンパーニュを造ることを思いついたことから始まります。

2006年からはジャック・ブサンの息子であるエマニュエル・ブサンが4代目として受け継ぎました。

特級畑があるアンボネ、マイィ、ヴェルズネイ、ヴェルジィ、シルリィのテロワールがあるモンターニュ・ド・ランスに位置し、畑はピノ・ノワールが60%、シャルドネが40%植えられています。
シャンパーニュでは珍しく、全てのヴィンテージを特級の格付がされた畑のブドウで生産しています。

現在、319の村のうち僅か17の村だけが100%グラン・クリュと認定されています。これは最良のヴィンテージにのみ許されるもので、彼らの全てのヴィンテージは、この高貴な格付を主張することができます。

現在エマニュエル・ブサンは、独立したブドウ栽培家兼ワインメーカーとしてこのドメーヌを運営することを誇りに思っています。なぜなら彼にとって最も重要なことは、彼のシャンパーニュの生産、醸造、マーケティングのさまざまな段階を熟知することだからです。

また、環境に配慮した持続可能なブドウ栽培の実施にも積極的に取り組んでいます。

これらすべての理由から、シャンパーニュ・ジャック・ブサンは情熱を持って高品質のシャンパーニュを生産しています。

エマニュエル・ブサン曰く、『私はレコルタン・マニピュランです。つまり、自分の畑のブドウだけを使って独自のワインを生産するワイン生産者です。そして私はシャンパーニュの職人であり、実業家ではありません。』

経営体制とポリシー

オーナー
エマニュエル・ブサン(4代目当主)

栽培担当
エマニュエル・ブサン

醸造担当
エマニュエル&ジャック・ブサン

畑面積
10.2 ha

テロワール
アンボネ、マイィ、ヴェルズネ、ヴェルジー、シレリー(特級格付の5つの村)

土壌
石灰岩

栽培方法
持続可能なブドウ栽培、HVE(環境価値重視)認証

栽培のポリシー
常識的に環境を尊重しながらぶどうを生産する。

ジャック・ブサンのシャンパーニュが特別なワケ

なんと5つの特級村のブドウから造られるシャンパーニュです。

それぞれの特級村は、シャンパーニュにそれぞれの違った香りと特徴をもたらします。

ホームメイドの味を保つために、常に数年のリザーブワインをブレンドしています。それが彼らの伝統の味なのです。

単品ワイン
※商品情報は、現在の商品ページと異なる場合がございます。詳細は商品ページでご確認下さい。