マスラヴァル特集
ドメーヌ・ガシェ特集
あなた好みのワインを見つける6つの扉
ヴィンツァークレムス特集
モーゼルユンガー特集

ヴィンツァークレムス
「 オーストリア屈指の白ワインの銘醸地クレムスタールを代表するサステナブルな協同組合!」

ヴィンツァークレムスとは?

ヴィンツァークレムスは1938年に2000年のワイン造りの歴史がある、銘醸地クレムスタールに設立されました。オーストリアで最も大きい協同組合のひとつで、およそ730人のワイン用ブドウの栽培家と契約をしています。

栽培の面積はおよそトータルで1200haにも及びます。秋の収穫期には、しっかりと熟して、健全なブドウのみを主に手摘みによって収穫、厳選されたブドウを選別しています。伝統ある産地で、厳しいガイドラインに基づいて伝統的な方法で栽培されたブドウを、ヴィンツァークレムスの最新の醸造施設と技術によって品質の高いワインに仕上げています。

契約農家たちは、良質なブドウを育てるための栽培に関するガイドラインをヴィンツァークレムスから受け取ります。また、一定の収量制限も課すなど、1年を通して、ガイドラインに沿って栽培が行われているか、コンサルタントチームから厳しいモニタリングが入ります。

2003年以降は、ワイナリーだけではなく、大学等の外部の専門機関によるコンサルのサポートも受けています。栽培されているブドウの77%が白ワイン用、そのうち60%がこのエリアでも最も重要な品種のグリューナー・ヴェルトリーナーです。(2023年のデータ)。その他の白品種はリースリングが5%、続いてフランス系品種等。赤は全体で23%、オーストリアの固有品種のブラウアー・ツヴァイゲルトが20%と大半を占めます。

オーナーはフローリアン・シュトゥーガー氏、セラーマスターのフランツ・アルンドルファー氏をはじめ、一流のチームによって信頼のおけるワイナリーの高品質を保っています。

2023年にはCO2を通常より削減するなど、環境に配慮した仕様の新しいいセラーを完成させ、温暖化等の気候変動にも対応した持続可能なワイン造りを継続しています。

クレムスタールの産地の魅力

ワイン産地のクレムスタールは、オーストリアの首都、ウィーンからおよそ西側に70キロ程離れた場所にあります。このエリアにおけるワイン造りの歴史は2000年以上前に遡ります。

初めてこの地でブドウが収穫されたのは3世紀頃といわれています。世界遺産のヴァッハウ渓谷の玄関口にあたる古都クレムスは、ゴシック、ルネサンス、バロックの古い街並みが保存された美しい町で、古くからワイン造りの産業の中心だったところです。

ドナウ川の自然と文化史が融合されたなかで形成されたヴァッハウ渓谷は、温暖な気候に恵まれ、最高の白ワインを生み出します。その文化的景観がユネスコ世界遺産に登録されていて、訪れる世界中の人々を魅了しています。

クレムスタールは地質学的には西に隣接するヴァッハウから続いている、風化した原始岩の土壌の畑が中心。市街地の東側には広大なレス(黄土)土壌の段々畑の魅力的な景観が広がっていて、主にグリューナー・ヴェルトリーナー種のブドウが栽培されています。

近隣のワイン生産地であるヴァッハウやカンプタールと同様に、クレムスタールも気候的な合流点にあたるエリアに位置しています。細かく入り組んだ川の谷間では、北からの冷たい風からはしっかりと保護されている一方で、東からのパノニア気候帯の暖かい気流が流れ込みます。クレムスタールはカンプタールよりも冷涼になる西に位置していていますが、より暖かい気流の恩恵を受け、そのワインは全体的に熟していて豊かなアロマを合わせもった上質なワインが造られます。土壌と気候が組み合わさり、特にこの地で最も重要な白ワイン用品種のグリューナー・ヴェルトリーナーとリースリングにとって最適な条件となっています。

ドナウ川沿いのこの伝統的なワイン生産地は、美味しいワインに合わせて、美食家を楽しませてくれるレストランも多く、ワインツーリズムとしても人気のエリアです。特にこの地では、辛口のグリューナー・ヴェルトリーナーのワインに、子牛のお肉のシュニッツェルを合わせるペアリングが人気です。

オーストリアを代表するグリューナー・ヴェルトリーナー種

グリューナー・ヴェルトリーナーはオーストリアで最も多く栽培されている、まさにオーストリアを代表する品種です。

9世紀頃にクレムスの北部のマンハーツベルクという町で栽培が始まったという説があります。1950年代に、レンツ・モーザーのハイカルチャー仕立ての導入によって、オーストリアの広域で栽培されるようになりました。樹勢が強いため、収量コントロールを必要とします。特に深いレスの土壌で特によく育ち、乾燥を嫌います。

オーストリアでは、このレス土壌、原生岩土壌で主に栽培されています。産地としては、ヴァッハウ、クレムスタール、カンプタール、ヴァインフィアテル等、主に北部の比較的冷涼な地域が中心です。

味わいの特徴としては、リースリング種等に比べると穏やかな酸味が特徴ですが、気候や土壌、醸造方法等によってキャラクターは様々なタイプに変化します。一般的に原生岩土壌で栽培されたものはクリスピーな味わい、レス土壌の方はややふくよかな味わいとなります。

フレッシュでフルーティなタイプから、しっかりとしたボディのあるタイプまで様々な個性を発揮します。野菜等の軽めの前菜から、白身の魚や白身のお肉のメインディッシュのお料理まで、家庭での食卓から様々なジャンルのレストランで、食中ワインとして人気の品種です。

単品ワイン
※商品情報は、現在の商品ページと異なる場合がございます。詳細は商品ページでご確認下さい。