セットワイン特集
母の日特集
ボルドー特集

[DRC・モンラッシェ]の元栽培責任者が生んだ極旨!!

ドメーヌ・トマ・モレ シャサーニュ・モンラッシェ 2018

    商品コード : amz0212
    価格 : 円(税別円)
    [DRC・モンラッシェ]の元栽培責任者が生んだ極旨!!
    ポイント : 105
    数量    残りあと36個
     

あの[DRC・モンラッシェ]の元栽培責任者!!
華麗なる経歴を持つ奇才が自社ドメーヌで放つ魅惑的白ワイン!!
シャサーニュ・モンラッシに10代続く名門ドメーヌ!!
畑はピュリニィと隣接、特級[バタール・モンラッシェ]の目と鼻の先に
位置する好ロケーション!!
ミネラル感に秀でスパイシーなスタイルはピュリニィも彷彿!!




[ドメーヌ・トマ・モレ シャサーニュ・モンラッシェ 2018]



奇才が放つ村名白はさすがの出来!! このシャサーニュ・モンラッシェは見事!!

DRC・モンラッシェの元栽培責任者という華麗なる経歴!! 卓越した感性と才能にはDRCの現当主も惚れ込む!!

使用ブドウはACヴィラージュ(村名ワイン)ながら、 ピュリニィ・モンラッシェに隣接する特級[バタール・モ ンラッシェ]の目と鼻の先にある区画のものだけで、 畑名表記も可能な逸品。 さらにヴィンテージも評価誌【95点】と大当たり年。

その名も、 [ドメーヌ・トマ・モレ シャサーニュ・モンラッシェ 2018]!!

このワインを造ったのは、「シャサーニュ・モンラッシ ェ村」のトップ生産者の一つだった父「ベルナール・モ レ氏」から2007年に畑を譲り受け、瞬く間に頭角を現した 「トマ・モレ氏」。 「モレ家」は、この地に17世紀半ばから10代続く生産者 で、トマ氏は祖父や父だけでなく、カリフォルニアで最 新の醸造を学ぶなど研鑽を積んできました。

そして、その卓越した感性と才能にいち早く着目したの が、あのDRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)の 当主「オベール・ド・ヴィレーヌ氏」。 トマ氏は自らのドメーヌと並行し、2007年〜2009年迄、 世界最高峰白ワイン[DRC・モンラッシェ]の栽培責任者 を担当し、その類まれなる才能を如何なく発揮しました。

しかしながら、自らのドメーヌに集中する為、僅か3年で 名誉ある地位を退きましたが、そこでの経験は何物にも 替えがたい素晴らしいものだったと語っています。

そんなトマ氏が持つ、ACブルゴーニュから特級畑までの 白ワインのラインナップから選んだのがご案内のワイン。 ACヴィラージュ(村名ワイン)ながら、使用されるブド ウの素性がはっきりしているだけでなく、その区画が凄 いんです。

なぜなら、その畑はシャサーニュ村では最も北、特級 [バタール・モンラッシェ]の目と鼻の先にあり、[Les Houilleres]という区画名が付いています。 またこの区画の北隣は、もうピュリニィ・モンラッシェ 村。シャサーニュの中でもピュリニィ的なキャラクター が如実に表れる畑なんです。

ドメーヌは石灰岩土壌に赤色石灰質の表土を持つ区画に、 1989年に自家所有の古樹ブドウのクローンを厳選して植 樹。さらに、この区画はブドウの熟し方が早く、ドメー ヌでも最も早く収穫を開始する区画のため、畑の状況を より注意深く観察、手入れしているといいます。

ちなみに、2018年産に使用したブドウは、特級バタール・モンラッシェに 隣接する[レ・ゾイエール]と、ピュリニィ・モンラッシェに隣接する [アン・ジョルノブロット]の区画からに加え、15%は1級畑からのブドウを 格落ちしブレンドしたという優れもの。

さらに、2018年のブルゴーニュ白の出来はというと・・・、 アメリカの専門誌【ワイン・エンスージアスト】のヴィンテージチャートで【94点】、 パーカーさんの【ワイン・アドヴォケイト誌】でも【92点】の、 いわゆるグレートヴィンテージ。

それを裏付けるように、ドメーヌ当主の「トマ氏」も、 『猛暑の年だったが、雨と収穫のタイミングを見極め最高に良く出来た』 『ピュアでそれぞれのテロワールの個性が出ている』 と、訪問したインポーターさんに自信のコメント。 しかも、ご当人は同じく上出来の2017年産より好みだとか。

そこで当店でも試飲したところ、 『まだ若さも持つ手伝い、クリアーながらやや淡いイエローゴールド。 そしてやはり畑の立地もありピュリニィに似た色調。 ただ風味面では早くから親しみを感じさせる2018年産の特徴もあり、香りも すでに華やかで、白い花に、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類と白桃の ニュアンスに、白コショウのようなスパイスの風味が加わり、一般的な シャサーニュよりもより芯が通った辛口に仕上がっている印象を受けます。 また、このヴィンテージでも豊富なミネラルも酸が、シャサーニュよりも ピュリニィのそれに似ていて、それが現時点ではリッチながらフレッシュで 生き生きとした風味と見事にマッチして いるのです。 やはりこのワインが本領発揮するにはもう少しの時間が必要と思われ、 適度に熟した暁にはこのテロワール特有のコクのある味わいと余韻、 そしてエレガンスが満喫できる筈です。 なお料理なら、甲殻類を使ったブイヤベース、バターやクリームソース での魚介料理、銘柄鶏のローストチキンなどと楽しみたいものです。』

[DRC・モンラッシェ]の元栽培責任者という華麗なる経歴 を持つ奇才が、 自社ドメーヌから放つ魅惑的白ワイン、 [ドメーヌ・トマ・モレ シャサーニュ・モンラッシェ 2018]!! 特級[バタール・モンラッシェ]の目と鼻の先に位置する好ロケーション からの1本は、ヴィラージュものながらDRCで培ったノウハウが 目一杯詰まった逸品です。

※品切れの際、至急インポーター様の在庫を確認し、
補充いたしますが、終売の場合は何卒ご容赦ください。


Domaine Thomas Morey, Chassagne-Montrachet 2018
■色・容量:
白750ml
■ALC:
13%
■ブドウ品種:
シャルドネ100%
■産地:
フランス - ブルゴーニュ地方 - コート・ド・ボーヌ地区
■味わい:
ミディアムよりのフルボディ
■ラベル表示:
酸化防止剤(亜硫酸塩)


このワインを造ったのは、「シャサーニュ・モンラッシ ェ村」のトップ生産者の一つだった父「ベルナール・モ レ氏」から2007年に畑を譲り受け、瞬く間に頭角を現した 「トマ・モレ氏」。 「モレ家」は、この地に17世紀半ばから10代続く生産者 で、トマ氏は祖父や父だけでなく、カリフォルニアで最 新の醸造を学ぶなど研鑽を積んできました。

そして、その卓越した感性と才能にいち早く着目したの が、あのDRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)の 当主「オベール・ド・ヴィレーヌ氏」。 トマ氏は自らのドメーヌと並行し、2007年〜2009年迄、 世界最高峰白ワイン[DRC・モンラッシェ]の栽培責任者 を担当し、その類まれなる才能を如何なく発揮しました。

しかしながら、自らのドメーヌに集中する為、僅か3年で 名誉ある地位を退きましたが、そこでの経験は何物にも 替えがたい素晴らしいものだったと語っています。

[ドメーヌ・トマ・モレ]のワインは恵まれたテロワール の素晴らしさを最大限に活かし、得られる全ての要素を余 すところなく表現した見事な造り。確かな知識に裏打ち された巧みな造りと天性とも言えるその優れた感性との 融合から生まれるワインは他の追随を許しません。 近い将来、ブルゴーニュを背負って立つであろうと予感 させます。

栽培では以前からビオロジック(有機農法)を採用して いましたが、いくつかの畑では既にビオディナミ(生力 学農法)へ移行済です。 DRCで働いていた時に実践していたのと全く同じ栽培法 を取り入れていて、さらなる高みへと登り続けているの です。

最近カートに入れた商品

最近ご覧いただいた商品

あなたにオススメの商品

WEEKLY
RANKING週間ランキング

ジャンル別ランキング1st

11.5 Update

食品市場ランキング

新着ワイン