シャンパーニュ・ジャック・ブサン特集
ドメーヌ・ガシェ特集
あなた好みのワインを見つける6つの扉
ヴィンツァークレムス特集
シャンパーニュ・フロマンタン・レクラパール特集
モーゼルユンガー特集
マスラヴァル特集

ルシェ・ルシェ・リベイラ・サクラ・メンシア 2021 赤ワイン
  • ルシェ・ルシェ・リベイラ・サクラ・メンシア 2021 赤ワイン
コカ・イ・フィト兄弟の最新作!!リベイラ・サクラのお手頃メンシア!!

ルシェ・ルシェ・リベイラ・サクラ・メンシア 2021 赤ワイン

    商品コード : eva4839
    価格 : 円(税別円)
    コカ・イ・フィト兄弟の最新作!!リベイラ・サクラのお手頃メンシア!!
    ポイント : 23
    数量    売り切れ
     


デカンター【92点】!!大人気コカ・イ・フィト兄弟の新たなる挑戦!!近年注目リベイラ・サクラのメンシア種赤ワイン!!
凄腕兄弟がスペイン北西部ガリシア州の注目産地に惚れ込みスタートしたプロジェクト!!
グリーンスペインが育む固有品種メンシア種100%!!樹齢はスタンダードにして20〜40年!!ミネラル豊富なスレート土壌!!
[ルシェ・ルシェ]とは地元ガリシアの言葉で「おなかの鳴る音」!!ワインの良い香りでおなかの中で蝶がはためく様子を表しています!!
ラベルのユニークなイラストは末弟でトランペット奏者のジャウマさんのデザイン!!このワインもコカ・イ・フィト三兄弟のセンスと美意識が存分に詰まった逸品!!



[ルシェ・ルシェ・リベイラ・サクラ・メンシア 2021]




この2021年ヴィンテージはリリースしたばかりでまだ目立った評価は付いていないのですが、2019年ヴィンテージはなんと英有力評価誌[デカンター]において、見事【92点】を獲得!!



地元ガリシア出身の醸造家アンドレア・オベンサ女史の力を借り、シル川沿いのビラチャ村とソベール村の高樹齢の畑を探し出し、コカ・イ・フィト兄弟が購入。2013年よりスペイン北西部リベイラ・サクラにてワイン造りを行っています。







シル川沿いの急斜面にあるメンシアの高樹齢の畑。グリーンスペインの素晴らしい景観でブドウが育まれています!!



あの大人気兄弟の新たな旅は果てしなく続く!!

その行先は、スペイン北西部の注目の産地D.O.リベイラ・サクラ!!

この赤ワインも、ぜひとも味わっていただきたい逸品です!!その名も、


 [ルシェ・ルシェ・リベイラ・サクラ・メンシア 2021]!!!


当店で既に大人気、[ジャスピー・ネグレ][コカ・イ・フィト・ネグレ][ジャスピー・ブラン][コカ・イ・フィト・ドール]などを次々に繰り出す凄腕兄弟コカ・イ・フィトが次に注目したのは、スペイン北西部ガリシア州の原産地呼称(D.O.)リベイラ・サクラ!!こちらは上級キュヴェ[トロ・ド・シスト]に続いて生み出した、メンシア種の若々しいスタンダード・キュヴェなんです!!

リベイラ・サクラは近年注目のグリーンスペインの産地で、雨が多く冷涼な気候と、谷底にシル川が流れる急勾配の畑、さらにスレート土壌で育ったミネラル感豊かなメンシア種の赤ワインで人気が出始めているんです!!

地中海沿岸のカタルーニャ州出身のトニとミケルのコカ・イ・フィト兄弟は、リベイラ・サクラ地方を写真で見たことはあったものの、初めて訪れた時その素晴らしい景観や土壌に大変心動かされたそうです。兄トニ曰く、「地元カタルーニャのプリオラートと共通するスレート(粘板岩)土壌でありながら、まるで地球の裏側のような独特の個性とポテンシャルを感じた。難しさは予想できたが、この地でのワイン造りに挑みたいと思った。」と、このプロジェクトを始めた経緯を語っています。その驚嘆と情熱をワインに閉じ込め、上級キュヴェ[トロ・ド・シスト]を2013年ヴィンテージよりリリースするに至りました。

そして今回ご案内したいのは、[トロ・ド・シスト]より若い樹齢のブドウ樹から醸したフレッシュな一本、[ルシェ・ルシェ]!!若いといっても、なんと樹齢20〜40年のブドウを使用しているんです!!フランスやイタリアなら、ヴィエイユ・ヴィーニュ(古木)として売り出すじゃないかと思われるレベル。そんなことからも、ここリベイラ・サクラの全般的な樹齢の高さ、古い畑の多さを窺い知ることが出来るというもの!!

この2021年ヴィンテージはリリースしたばかりでまだ目立った評価は付いていないのですが、2019年ヴィンテージはなんと英有力評価誌[デカンター]において、見事【92点】を獲得!!

きっとこれからも、コカ・イ・フィト兄弟のワインに共通する洗練したスタイルで続々と高評価を得て、世界のワイン愛好家に愛飲されることでしょう。

コカ・イ・フィト兄弟のワインを飲んだことのない方も、ぜひとも一度お試しください。

紫のニュアンスのある若々しいガーネット色。フレッシュなイチゴ、ラズベリー、ブルーベリー、アサイー、梅ジャムなどの甘酸っぱいフルーツのアロマ。さらにシナモン、ナツメグ、クローブ、リコリスのスパイス、自生するスミレ、フレッシュハーブやバルサム、潮のニュアンスを伴った硬質なミネラルの印象もあります。この特徴的で官能的な香りがリベイラ・サクラまで想像の旅に連れて行ってくれます。
口中でもメンシア種らしい冷涼感あるフレッシュな果実味、実に若々しくみずみずしいタッチです。ボトルによっては、若干の発泡が感じられるかもしれません。きめ細かくシルキーなタンニン、デリケートで美味しい酸が豊富に含まれています。軽やかでタイトな飲み心地ながら、甘やかさと旨みがじわじわと広がります。上級キュヴェ同様、リベイラ・サクラらしい硬質なミネラル感、エレガントでクリーンな余韻が長く続きますが、親しみやすさも感じられて好感度の高い一本です。

適温は14〜15℃前後。チキンやポークのトマト煮込みなどの温かい煮込み料理や、青椒肉絲、油淋鶏などの中華料理にも良く合います。ぜひお試しください!

ちなみに、ワイン名の[ルシェ・ルシェ]とは地元ガリシア地方の言葉で空腹時のおなかの音を表すそうです。特に小さな子供と共有する言葉で、料理のいい匂いが漂ってきた時、おなかの中で蝶がはためく様子を表すんだとか。コカ・イ・フィト兄弟の地元カタルーニャ地方では「ラウ・ラウ」というそうです。日本でいうところの「グーグー」と鳴くおなかの虫のことでしょうか。何だかおなかの音までオシャレですね。

そしてユニークなイラストが描かれたエチケットは、コカ・イ・フィト兄弟の三男坊でトランペット奏者でもあるジャウマさんによってデザインされました。まさにおなかから蝶が羽ばたく様子が描かれており、このワインの心地良い香りで食欲が目覚め、美味しい料理と共に素敵な時間を楽しんでほしい、という願いが込められています。

近年ますます人気が高まっているリベイラ・サクラのメンシア種赤ワイン!このスタンダード・キュヴェもコカ・イ・フィト兄弟のセンスと美意識をしっかりと楽しめる一本ですので、ぜひとも一度お試しください!!


当店で大人気コカ・イ・フィト兄弟の最新作!!
エレガント系極旨[トロ・ド・シスト・リベイラ・サクラ・メンシア]のスタンダードキュヴェ!!

こちらも表示在庫数限り!! 早期完売必至ですので、何卒お早めにお買い求めください!!


Ruxe Ruxe Ribeira Sacra Mencia 2021, Coca i Fito, D.O.Ribeira Sacra, Galicia, Spain
■色・容量:
赤750ml
■ALC:
13.0%
■ブドウ品種:
メンシア100%
■産地:
スペイン−ガリシア州−D.O.リベイラ・サクラ
■味わい:
ミディアムボディ
■ラベル表示:
酸化防止剤(亜硫酸塩)


リベイラ・サクラは近年注目のグリーンスペインの産地で、雨が多く冷涼な気候と、谷底にシル川が流れる急勾配の畑、さらにスレート土壌で育ったミネラル感豊かなメンシア種の赤ワインで人気が出始めているんです!!

地中海沿岸のカタルーニャ州出身のトニとミケルのコカ・イ・フィト兄弟は、リベイラ・サクラ地方を写真で見たことはあったものの、初めて訪れた時その素晴らしい景観や土壌に大変心動かされたそうです。兄トニ曰く、「地元カタルーニャのプリオラートと共通するスレート(粘板岩)土壌でありながら、まるで地球の裏側のような独特の個性とポテンシャルを感じた。難しさは予想できたが、この地でのワイン造りに挑みたいと思った。」と、このプロジェクトを始めた経緯を語っています。その驚嘆と情熱をワインに閉じ込め、上級キュヴェ[トロ・ド・シスト]を2013年ヴィンテージよりリリースするに至りました。

そして今回ご案内したいのは、[トロ・ド・シスト]より若い樹齢のブドウ樹から醸したフレッシュな一本、[ルシェ・ルシェ]!!若いといっても、なんと樹齢20〜40年のブドウを使用しているんです!!フランスやイタリアなら、ヴィエイユ・ヴィーニュ(古木)として売り出すじゃないかと思われるレベル。そんなことからも、ここリベイラ・サクラの全般的な樹齢の高さ、古い畑の多さを窺い知ることが出来るというもの!!

この2021年ヴィンテージは4年目のヴィンテージながら、早くも素晴らしい評価を得ています!!なんと英有力評価誌[デカンター]において、見事【92点】を獲得!!



[コカ・イ・フィト][ジャスピー]などの大人気ワインを生み出すコカ・イ・フィト兄弟が、また新たな地で情熱溢れる渾身のワインを造り上げました。

兄のトニはこれまで地元カタルーニャ地方の産地プリオラート、モンサンなどいくつかの銘醸ワイナリーでコンサルタントを行い、また醸造学の権威タラゴナ大学で教鞭を執るなど、カタルーニャを代表する醸造家のひとりです。

一方、弟のミケルはトニの造るワインの他、テラ・アルタやリアス・バイシャスなどの小さな家族経営のワイナリーの販売業務を手掛けてきました。

兄弟が自分達の名前を冠したワインを世に送り出すことを決意したのは2006年。それまでも兄弟の所有する畑でブドウ栽培は行っていましたが、全て売りに出していたため、「自分達のワイン」として初めてリリースしたのが既に当店で大人気の[コカ・イ・フィト][ジャスピー・ネグレ]です。

さらに2013年、コカ・イ・フィト兄弟はスペイン北西部ガリシア州の原産地呼称(D.O.)リベイラ・サクラでの赤ワイン造りのプロジェクトを開始します。地元ガリシア出身の醸造家アンドレア・オベンサ女史の力を借り、シル川沿いのビラチャ村とソベール村の高樹齢の畑を探し出し、購入しました。

兄弟はリベイラ・サクラを写真で見たことはあったものの、初めて訪れた時その素晴らしい景観や土壌に大変心動かされたそうです。兄トニ曰く、「地元プリオラートと共通するスレート(シスト、粘板岩)土壌でありながら、まるで地球の裏側のような独特の個性とポテンシャルを感じた。難しさは予想できたが、この地でのワイン造りに挑みたいと思った。」その驚嘆と情熱をワインに閉じ込め、上級キュヴェ[トロ・ド・シスト]の2013年ヴィンテージをファーストリリースするに至りました。

スタンダードキュヴェの[ルシェ・ルシェ]は[トロ・ド・シスト]と比較して若い樹齢のブドウ樹から醸したフレッシュな赤ワイン。若いといっても樹齢20〜40年のブドウを使用しており、フランスやイタリアと比べてここリベイラ・サクラの全般的な樹齢の高さ、古い畑の多さを窺い知ることが出来ます。

上級キュヴェ同様、雨が多く湿度の高い標高500mのシル川沿いの急勾配の畑で栽培された、樹齢20〜40年のメンシア100%。土壌はスレート(シスト、粘板岩)と粘土、石灰石が混じった土壌。丁寧に手摘みで収穫し、28℃に維持したステンレスタンクでマセラシオンとアルコール発酵を7日間行います。ブドウの繊細なアロマやフレッシュな果実感を楽しんでいただくため、樽熟成は行っていません。年間生産量はわずか15,333本。

スタンダードキュヴェもブドウのポテンシャルを感じることの出来る極旨!!自信を持ってオススメいたしますので、ぜひとも一度お試しくださいませ!!

最近カートに入れた商品

最近ご覧いただいた商品

あなたにオススメの商品

WEEKLY
RANKING週間ランキング

ジャンル別ランキング1st

11.5 Update

食品市場ランキング

新着ワイン