ボジョレー特集
グレッツァー特集
セットワイン特集

  • トップ
  • 白ワイン
  • ヴァインバウ・ユッタ・アンブロジッチ ゲミシュターサッツ・コスモポリート 2020 白ワイン

ウィーンで造られるゲミシュターサッツのワイン!

ヴァインバウ・ユッタ・アンブロジッチ ゲミシュターサッツ・コスモポリート 2020 白ワイン

    商品コード : orv0021
    価格 : 円(税別円)
    ウィーンで造られるゲミシュターサッツのワイン!
    ポイント : 31
    数量    残りあと3個
     

これぞ・オーストリアならではの良さ!複数品種の混植混醸・ゲミシュターサッツのワイン! 注目の女性醸造家・ユッタ・アンブロジッチによってウィーンで造られる、ナチュラルでスタイリッシュなワイン! 様々な種類のお料理に合わせて気軽に仲間と楽しみたい!


ゲミシュターサッツのワイン!




[ヴァインバウ・ユッタ・アンブロジッチ ゲミシュターサッツ・コスモポリート 2020]





音楽や芸術の都で世界中から人気の都市、ウィーンは郊外に足を運ぶと豊かな自然にあふれ、ワイン造りも盛ん。 特に、複数品種の混植混醸・ゲミシュターサッツのワインがこの地ならでは。 ホイリゲと呼ばれるワイナリー併設の居酒屋のような場所で、美味しい食事と共に楽しまれるワインとしておなじみのワインです。





ゲミシュターサッツのワインに使われるブドウの収穫。複数の品種が同時に収穫されているのが分かります。 別々に仕込んだ単一品種のワインを後でブレンドするよりも、一体感が生まれるという考えもあり、かつては世界中でこのスタイルでした。 オーストリアでは伝統の復活ですっかり定着し、おなじみのワイン造りです。



これぞ、オーストリアの定番★複数品種の混植混醸・ゲミシュターサッツのワイン!

[ヴァインバウ・ユッタ・アンブロジッチ ゲミシュターサッツ・コスモポリート 2020]

このワインが造られるのはオーストリア、ウィーンです。 音楽や芸術の都で世界中の旅人から人気の都市、ウィーンは郊外に足を運ぶと豊かな自然にあふれ、葡萄の畑も広がっていてワイン造りも盛んです。 特に、複数品種の混植混醸・ゲミシュターサッツのワインがこの地ならでは。 ホイリゲと呼ばれるワイナリー併設の居酒屋のような場所で、美味しい食事と共に楽しまれるワインとしておなじみのワインです。 ウィーンに旅行に行ったことがある人にとっては、ホイリゲを訪れて、地元産の色々な品種が混ざったワインを飲んだことがある人も多いのではないでしょうか。

ワインを造るのは、今、注目の女性醸造家の一人、ユッタ・アンブロジッチさん。 2004年、ユッタは著名な広告代理店でのグラフィック・デザイナーの地位を放棄し、ワイン造りにすべてを捧げる道を選びました。 ユッタは故郷であるブルゲンランドのその地では最も有名な生産者の一人、ウヴェ・シーファーに導かれ、 同じくこの地で人気の生産者ハンス・ニットナウスの元で研鑽を積みました。

ブルゲンラントでの修行の後、ウィーンでワイン造りを始めたユッタは、 古い老舗の造り手が集まるウィーンの地で後発ゆえに、整った醸造設備がすぐに持てる恵まれた環境であったわけでもなく、 当初はすべてのワインの根源である葡萄の栽培に献身的な愛情を注ぎます。 夫であるマルコと共に、ひたむきに、従順に、誰の目にも明らかなほど懸命に働くことでウィーンの生産者達の信頼を掴みとっていきました。

それらの努力が実り、今日では、彼女は夫と共に、ウィーンの産地の中でも、ヌスベルク、ビザンベルク等、古くからの優良な区画を含めた3ヘクタールの畑を所有しています。 畑の中で生まれたものを堆肥にする循環農法を行っています。 当然ながら収穫はすべて手作業、発酵に培養酵母は一切使いません。

ワイン畑に加え、2008年からは400年前の建物で念願のブッシェンシャンク(併設型の居酒屋)も不定期、週末に開いています。

このワインが造られる畑は、ドナウ川対岸にあるふたつの畑、ビザンベルクとグリンツィング、樹齢が古い古木を使用。土壌は砂利、石灰と黄土(レス)。 品種はグリューナー・ヴェルトリーナー、リースリング、ピノ・ブラン、ノイブルガー、トラミナー、グリューナー・シルヴァーナーのゲミシュターサッツ。 醸造・熟成は、天然酵母による自発的な発酵の後、ステンレスタンク熟成。

ワインの名前にもなっている【コスモポリタニズム】は世界中をひとつの家族とみなす思想。 ゲミシュター・サッツを表現するのにふさわしい言葉ということで、このネーミングになっているそうです。 複数の品種が調和をもって優しく広がる、生産者の思いがあふれているワインです。是非、気軽に様々な食事と合わせてお楽しみくださいませ。

 

※品切れの際、至急インポーター様の在庫を確認し、
補充いたしますが、終売の場合は何卒ご容赦ください。


Weinbau Jutta Ambrositsch Gemischter Satz Kosmopolit [2020]
■色・容量:
白750ml(スクリューキャップ使用)
■ALC:
12%
■ブドウ品種:
グリューナー・ヴェルトリーナー、リースリング、ピノ・ブラン、ノイブルガー、トラミナー、グリューナー・シルヴァーナーのゲミシュターサッツ
■産地:
オーストリア−ウィーン
■味わい:
辛口
■ラベル表示:
酸化防止剤(亜硫酸塩)


[ヴァインバウ・ユッタ・アンブロジッチ ゲミシュターサッツ・コスモポリート 2020]

ワインを造るのは、今、注目の女性醸造家の一人、ユッタ・アンブロジッチさん。 2004年、ユッタは著名な広告代理店でのグラフィック・デザイナーの地位を放棄し、ワイン造りにすべてを捧げる道を選びました。 ユッタは故郷であるブルゲンランドのその地では最も有名な生産者の一人、ウヴェ・シーファーに導かれ、 同じくこの地で人気の生産者ハンス・ニットナウスの元で研鑽を積みました。

ブルゲンラントでの修行の後、ウィーンでワイン造りを始めたユッタは、 古い老舗の造り手が集まるウィーンの地で後発ゆえに、整った醸造設備がすぐに持てる恵まれた環境であったわけでもなく、 当初はすべてのワインの根源である葡萄の栽培に献身的な愛情を注ぎます。 夫であるマルコと共に、ひたむきに、従順に、誰の目にも明らかなほど懸命に働くことでウィーンの生産者達の信頼を掴みとっていきました。

それらの努力が実り、今日では、彼女は夫と共に、ウィーンの産地の中でも、ヌスベルク、ビザンベルク等、古くからの優良な区画を含めた3ヘクタールの畑を所有しています。 畑の中で生まれたものを堆肥にする循環農法を行っています。 当然ながら収穫はすべて手作業、発酵に培養酵母は一切使いません。

ワイン畑に加え、2008年からは400年前の建物で念願のブッシェンシャンク(併設型の居酒屋)も不定期、週末に開いています。

このワインが造られる畑は、ドナウ川対岸にあるふたつの畑、ビザンベルクとグリンツィング、樹齢が古い古木を使用。土壌は砂利、石灰と黄土(レス)。 品種はグリューナー・ヴェルトリーナー、リースリング、ピノ・ブラン、ノイブルガー、トラミナー、グリューナー・シルヴァーナーのゲミシュターサッツ。 醸造・熟成は、天然酵母による自発的な発酵の後、ステンレスタンク熟成。

ワインの名前にもなっている【コスモポリタニズム】は世界中をひとつの家族とみなす思想。 ゲミシュター・サッツを表現するのにふさわしい言葉ということで、このネーミングになっているそうです。 複数の品種が調和をもって優しく広がる、生産者の思いがあふれているワインです。是非、気軽に様々な食事と合わせてお楽しみくださいませ。

最近カートに入れた商品

最近ご覧いただいた商品

あなたにオススメの商品

WEEKLY
RANKING週間ランキング

ジャンル別ランキング1st

11.5 Update

食品市場ランキング

新着ワイン