シャンパーニュ・ジャック・ブサン特集
ドメーヌ・ガシェ特集
あなた好みのワインを見つける6つの扉
ヴィンツァークレムス特集
シャンパーニュ・フロマンタン・レクラパール特集
モーゼルユンガー特集
マスラヴァル特集

  • トップ
  • 白ワイン
  • ドメーヌ・ファミーユ・パケ・プイィ・フュイッセ 2019 白ワイン

高級フレンチレストランの定番[プイィ・フュイッセ]!!

ドメーヌ・ファミーユ・パケ・プイィ・フュイッセ 2019 白ワイン

    商品コード : eva4619
    価格 : 円(税別円)
    高級フレンチレストランの定番[プイィ・フュイッセ]!!
    ポイント : 54
    数量    残りあと116個
     

高級フレンチレストランの定番[プイィ・フュイッセ]!!
古樹ブドウも素材に含まれるのエレガンスと奥行き!!
ブルゴーニュ南部シャルドネの果実味を引き立てる綺麗な酸!!
複雑ながら甘過ぎない辛口の味わいは食事にも合わせ易い!!




[ドメーヌ・ファミーユ・パケ プイィ・フュイッセ 2019]



1966年東京・銀座で開店した、日本で最初の本格的フランスレストラン 【マキシム・ド・パリ東京】でも、初期からオンリストされた、 南部ブルゴーニュ白の銘酒[プイィ・フュイッセ]。 その品質の高さを裏付けるように、2020ヴィンテージから「マコネ地区」 では初のプルミエ・クリュ(1級畑)が、22のクリマ(区画)で誕生します。

ご案内の1本は、樹齢20〜50年のヴィエイユ・ヴィーニュ(古樹ブドウ)も 含むシャルドネから造られる、年産7,500本の[プイィ・フュイッセ]。

その名も、 [ドメーヌ・ファミーユ・パケ プイィ・フュイッセ]!!

このワインを造ったのは、両親からのドメーヌを引き継ぎ、若い三兄弟で 運営する新進気鋭の生産者[ドメーヌ・ファミーユ・パケ]。 ドメーヌが所有するのは、「ロシュ・ド・ソリュトレ」の丘の斜面中腹に ある急勾配の4区画で、合計面積は1.65haの、南東向き標高300mの石灰岩 質土壌の畑。そこで栽培する樹齢20〜50年と古樹も含むシャルドネをすべて 手摘みで収穫。

ブドウは収穫から20分以内にプレス。16〜18℃に温度調整したステンレス製 タンクにて、土着酵母のみを使用し4〜6週間発酵。マロラクティック発酵も 施します。その後、12ヶ月間オーク樽(新樽率20%)でシュール・リー (澱の上)の状態で熟成、さらに6ヶ月間桶で熟成したものがご案内のワイン。

そこで当店でも試飲したところ、 『これがマコネ?これがプイィ・フュイッセ?と思うほどエレガント』 『クリアーで淡いイエローゴールドの色調。完熟シャルドネのリッチな 果実味よりも上品で繊細な風味がグラスを満たします。 そしてパイナップルなど柑橘類と、白桃などのニュアンスを持つ香りは華やか。 それにマコネ地区特有のミネラルや上質な酸が彩りを添え、とにかくエレガントで 甘過ぎない辛口の味わいが口の中に広がります。 さらに、ハシバミやアーモンドなどのナッツ類に加え、時間の経過により ほのかなハチミツの風味も現れるようになり、どんどん複雑になってくるのです。 このエレガントなプイィ・フュイッセには、料理なら海老などの甲殻類、 バターを使った魚介類、豚ロース肉やキノコ類のソテーなどを、チーズなら 熟成ブリーか、ウォッシュタイプでも癖の少ないイタリアのタレッジョなどを 合わせてはいかがでしょう。』

両親からのドメーヌを引き継ぎ、若い三兄弟で運営する新進気鋭の生産者 [ドメーヌ・ファミーユ・パケ]。 当地の名所「ソリュトレの丘」の南東向き急斜面で栽培するシャルドネから 造られる、年産僅か7,500本の美酒をこの機会に是非ともご入手ください。 高級フレンチレストランでも古くから定番の、南部ブルゴーニュを代表する 白の銘酒です。

※このワインはキャップシールが蝋(ワックス)キャップとなっております。 面倒と思われるでしょうが、開け方自体はとても簡単で、いきなりオープナーのスクリューを中心に差し込みコルクを持ち上げてください。少しコルクを持ち上げてから余分な部分は取り除き、 あとはコルクを抜くだけです。 (抜栓後ボトルの口をティッシュペーパーなどで拭くのは同じです)

※品切れの際、至急インポーター様の在庫を確認し、
補充いたしますが、終売の場合は何卒ご容赦ください。


Domaine Famille Paquet, Pouilly-Fuisse 2019
■色・容量:
白750ml(蝋キャップ使用)
■ALC:
13%
■ブドウ品種:
シャルドネ100%
■産地:
フランス - ブルゴーニュ地方 - マコネー地区
■味わい:
辛口
■ラベル表示:
酸化防止剤(亜硫酸塩)


ご紹介のワインを造った[ドメーヌ・ファミーユ・パケ]は、現在「ジャン=バプ ティスト氏」、「マテュー氏」、「カミーユ氏」の若い三兄弟で運営される、 その名の通り家族経営のドメーヌです。 ドメーヌは1980年、三兄弟の両親により、マコネ地区を代表する銘酒[プイィ・ フュイッセ]を構成する4つの村でも重要とされる、「ヴェルジッソン村」の東に 位置する「ダヴィエ村」の6haの地所で[ドメーヌ・デ・ヴァランジュ]名で創業。 その後継続的に成長し、ファミーユ・パケの名称でもワインをリリースし始めま した。

ドメーヌは、2014年にはプイィ・フュッセAC内の「ソルトレ・プイィ」に2haの 畑を取得、その後さらにマコンAC内に10haを取得。所有畑の範囲が広がったこと で新しい次元がもたらされ、マコネー地方のテロワールの北から南までの多様性 と豊かさを表現する生産者となりました。

三兄弟がドメーヌの12haの所有畑を引き継いだのが2016年。 現在は「カミーユ氏」 がブドウ畑とワイン造りを管理、「マテュー氏」と「ジャン=バプティスト氏」は 主にマーケティングと販売を担当しています。この新世代生産者と言える三兄弟 は、有機農法の原則を尊重し、新しいブドウの樹を取得、より人的介入の少ない ワイン造りへのアプローチを推進し、家族の歴史を永続させるために懸命に取り 組んでいます。

ちなみに2019年に二つのドメーヌを[ファミーユ・パケ]に統合。三兄弟は一つの ラベルの下で、ファミーユ・パケのワインのイメージと暖簾を確立すべく努力し ています。

最近カートに入れた商品

最近ご覧いただいた商品

あなたにオススメの商品

WEEKLY
RANKING週間ランキング

ジャンル別ランキング1st

11.5 Update

食品市場ランキング

新着ワイン