シャンパーニュ・ジャック・ブサン特集
ドメーヌ・ガシェ特集
あなた好みのワインを見つける6つの扉
ヴィンツァークレムス特集
シャンパーニュ・フロマンタン・レクラパール特集
モーゼルユンガー特集
マスラヴァル特集

カレラ・リード・ピノ・ノワール2017 赤ワイン
  • カレラ・リード・ピノ・ノワール2017 赤ワイン
カリフォルニアのロマネ・コンティ、カレラ!2017年グレート・バックヴィンテージ!

カレラ・リード・ピノ・ノワール2017 赤ワイン

    商品コード : jlx0185
    価格 : 円(税別円)
    カリフォルニアのロマネ・コンティ、カレラ!2017年グレート・バックヴィンテージ!
    ポイント : 209
    数量    売り切れ
     


カリフォルニアのロマネ・コンティ[カレラ]のバックヴィンテージが限定入荷!
わずか数本づつのアロケーションゆえ、ぜひ、お早めにお求めください!。


[カレラ・リード・ピノ・ノワール 2017]




カレラの単一畑のなかで最もエレガントとも評されるのが、リード。この2017年ヴィンテージは、パーカーポイント93点を獲得しています。




ワイナリー自慢の重力によるワインづくりシステム。今では多くのピノ・ノワールの生産者が採用していますが、カレラは先駆けです。




ジェンセン畑および創業者である故ジョシュ・ジェンセン氏。



当店でも大人気のカレラ!「カリフォルニアのロマネ・コンティ」と呼ばれ、その存在感は抜群です!。

創業者であり、カリスマであり、日本をこよなく愛していたジョシュ・ジェンセン氏は、残念ながら2022年に亡くなられました。先日、その偉業をたたえてインポーターさん主催のしのぶ会が行われ、当店もながらくカレラのワインを扱ってきたワインショップとして参加させていただきました。飲んだのは、カレラの単一畑のバックヴィンテージ。十数年たっても色あせないどころか、色気を感じさせる熟成の魅力を発揮して、まだまだ魅了するワインたちでした。

そして今回、本当に数本づつですが、アロケーションをもらってバックヴィンテージが入荷しましたので、ぜひ、カレラを愛する皆様にお求めいただきたいと思います。

それが [カレラ・ジェンセン・ピノ・ノワール 2009]
[カレラ・セレック・ピノ・ノワール 2007]
[カレラ・リード・ピノ・ノワール 2008]
[カレラ・リード・ピノ・ノワール 2017]
[カレラ・ド・ヴィリエ・ピノ・ノワール 2007]


[カレラ]が【カリフォルニアのロマネ・コンティ】と呼ばれるようになったのは、今に始まったことではありません!!。かの有名なるワイン評論家ロバート・パーカーさんが事あるたびにカレラのワインを絶賛し、高い評価を与える数少ない生産者です。

たとえば、1999年発刊の第5版[パーカーのワイン・バイヤーズ・ガイド]および1993年の第3版[ワイン・バイヤーズ・ガイド]の両方ともに【ピノ・ノワールのベスト生産者】として挙げられているのは、カレラとモンダヴィのみ!。

そして2003年には、なんとカレラの1987年から現行ヴィンテージまで約60本をテースティングし、

『新世界のみならず、地球上(Planet Earth)で最強のピノ・ノワールのスペシャリストのひとつであることは間違いない!!』

と手放しで大絶賛!!。

パーカーさんがひとつのワイナリーのワインに、これほどまでに時間を割いてテースティングしコメントすることは、まさに異例中の異例!!それほど、カレラのワイン造りに多大なる評価をしているのです。

しかし、カレラを評価するのはパーカーさんだけではありません!!ワイン・スペクテーター誌をはじめとするワイン評価誌のみならず、ニュー・ヨーク・タイムズやウォール・ストリート・ジャーナルなどの一般紙にもたびたび取り上げられているんですが、しかし、中でもジェンセンさんが自身が、これまでに最も光栄に感じたエピソードは、目標とするフランス人ワインメーカーたちが大絶賛してくれたことなんだとか。

それは、それぞれのワインを持ち寄ってのワインメーカーたちの懇親をかねた視察旅行に参加した時のことだったんです。いくつものジョークが飛び交い、笑い声が絶え間ない、ひどく賑々しいディナーの席上、彼のワインが回り始めると、次第に静かになっていき、最後はシーンとしてしまったのだそうです!!。そして旅行が終わるまで、代わる代わるやってきては、『おめでとう!!素晴らしかったよ。凄いワインを造ったね』と賛辞の嵐だったのだとか!!。アメリカ国内のみならず、フランスおよび全世界でこれほどまでに評価されるピノ・ノワールの生産者は、間違いなく他には見当たりません!!

特にブルゴーニュファンの間では人気の高い[ドメーヌ・ドゥジャック]のジャック・セイス氏は、『10年、15年という熟成を経たワインを飲んで、ブルゴーニュのトップワインと比べられるのはカレラのみ!!』とまで言い切っているんです。

そんな[カレラ]のワインを今回はバックヴィンテージでお楽しみください。


2022年6月11日、ジェンセン氏の訃報が報じられました。78歳でした。
3人の子供たちはワイン・ビジネスには進まなかったので、2017年にワイナリーはダックホーン・グループに売却しています。その時のジェンセン氏のインタビューでは、「希望と祈りだけが頼りの門出だったが、この売却はカレラの将来にとって素晴らしいことだ。私の生涯をかけてのライフワークを、クオリティを大切に考える造り手にゆだねることができたのだから。」とコメントしていました。心よりご冥福をお祈りいたします。

画像はヴィンテージ違いとなっております。

※在庫表示数限りです。


Calera Reed Pinot Noir 2017
■色・容量:
赤750ml
■ALC:
14.8%
■ブドウ品種:
ピノ・ノワール100%
■産地:
アメリカ、カリフォルニア州、マウント・ハーラン
■味わい:
辛口
■ラベル表示:
酸化防止剤(亜硫酸塩)


カレラの単一畑のなかで最もエレガントとも評されるのが、リード。この2017年ヴィンテージは、パーカーポイント93点を獲得しています。

1975年に植樹された、北向きの畑であるリード・ヴィンヤードは、毎年マウント・ハーランで最後に収穫され、美しいエネルギーと魅力的で複雑なアロマを持つワインを生み出します。レッドチェリーとラズベリーの活気に満ちたアロマがグラスから立ち昇り、ホワイトペッパーとセージのスパイシーなヒントが後に続きます。魅惑的な赤い果実の香りは味わいにも反映され、柔らかく絹のようなタンニンが、長く、豊かなフィニッシュへと導きます。

最近カートに入れた商品

最近ご覧いただいた商品

あなたにオススメの商品

WEEKLY
RANKING週間ランキング

ジャンル別ランキング1st

11.5 Update

食品市場ランキング

新着ワイン