あなた好みのワインを見つける6つの扉
モーゼルユンガー特集

【これが究極の[勝利の美酒]だ!!オバマ大統領が初当選した夜に乾杯!】

グラハム・ベック・ブリュット・NV 白スパークリングワイン

    商品コード : mtx0777
    価格 : 円(税別円)
    【これが究極の[勝利の美酒]だ!!オバマ大統領が初当選した夜に乾杯!】
    ポイント : 29
    数量    残りあと3個
     


これが究極の【勝利の美酒】!!
オバマ米大統領やマンデラ元南ア大統領も乾杯に選んだセレブ御用達!!
大統領選出馬を決心した夜、オバマ大統領が気に入った門出のスパーク!!
シャルドネ58%、ピノ・ノワール42%!!本格シャンパン製法で造られる贅沢スパーク!!
モエやマムで修行を積んだ南ア屈指の泡の巨匠が生み出す南ア屈指のスパーク!!
『心地よいイースト香、洗練されたムースの泡、抜群のコストパフォーマンス!』
まさに【勝利の美酒】!!


[グラハム・ベック・ブリュット・NV]




南アフリカのワイン産地、ケープタウンの北東に広がるロバートソンという産地を本拠地とする[グラハム・ベック]のセラーおよび畑。



オバマ元大統領が選んだ【勝利の美酒】!

本日は、【勝利の美酒】として、大統領御用達の祝杯のスパークをご紹介いたします!!。
2008年、彗星のごとく現れて米国初代黒人大統領に就任したオバマ大統領が大統領選挙の夜、勝利スピーチをする直前に側近たちと乾杯した門出のスパークが、このワイン!!

大統領がことあるごとに「勝利の美酒」として用意するというスパークです!。


その名も
[グラハム・ベック・ブリュット・NV]!!


ワイン好きとして知られるオバマ大統領は、大統領選挙への出馬を決心した2008年2月の夜、ミシェル夫人と一緒に、地元シカゴのお気に入りのレストランへ食事に行ったのですが、そこでソムリエから薦められたのが、まさにこのワイン!!

その味わいに魅せられたオバマ大統領は、早速その場で6本購入し『選挙に勝利した暁に飲もう』と決心したといいます。そして、大統領選挙当日の11月4日、それが現実のものとなり、シカゴのグラント・パークでの勝利宣言をする門出のスパークとして、予定どおり、そのワインで大統領選出の喜びを祝いました。

実は、このスパークこそ、1994年にアパルトヘイトから開放され、黒人指導者であったネルソン・マンデラ氏が南アフリカの初代大統領として選出された時にも祝杯をあげたスパークとして知られる、縁起物なのです。

造り手である[グラハム・ベック]は、南ア屈指のスパークリング第一人者です。南アでは、シャンパン方式のスパークリングのことを、[メソード・カップ・クラシック]と呼びますが、それを初めて南アで造った先駆者です。

その美味しさは、あっという間に南ア中を席捲して、さらには旧宗主国であるイギリスでも大人気!!2009年10月には、イギリスのワイン評論誌[デカンター誌]にも、

[バリュー・フィズ(バリューの高い泡)ベスト・テン]

として、堂々登場し、世界中で愛され続けるワインなのです。

シャルドネ58%およびピノ・ノワール42%を使い、丁寧にシャンパーニュの伝統的方式である瓶内2次発酵方式を使って造られた本格的スパーク!!

その味わいは、
『さわやかなイースト香がグラスに注ぐとたち、泡も思いのほか、きめ細かい!!。グレープフルーツやレモン、ピノ・ノワールからくる赤果実の香りときれのよいシャープな口当たりがうまくバランスして口の中で広がるフレーバーや余韻にも雑味のない、とてもきれいなスパーク!!』

たっぷりとご堪能いただきたいスパークリングです!!。

もともと、故ネルソン・マンデラ氏が、南アの大統領となった時に祝杯
を挙げたのが、このスパークリングです。ワイン産業は、南アフリカで
は完全に白人によって運営されていますが、黒人と白人の融和をめざし
たマンデラ氏らしい選択でした。それが、オバマ元大統領の精神にもつ
ながり、勝利の美酒として採用されました。

※売り切れの場合には、インポーターさまの在庫を確認して追加しますが、
終売の際はご容赦ください。


Graham Beck Brut
■色・容量:
白スパークリング750ml
■ALC:
12%
■ブドウ品種:
シャルドネ58%、ピノ・ノワール42%
■産地:
南アフリカ、ロバートソン
■味わい:
辛口
■ラベル表示:
酸化防止剤(亜硫酸塩)


今回ご紹介する[グラハム・ベック]は、南アのワイン中心地ともいえるケープタウンの西にあるロバートソンという場所を拠点に1983年に創設されたワイナリーです。

創設者のグラハム・ベックさんは、石炭産業などで財を成したビジネスマンであったのみならず、さまざまな産業を起こして南アの産業全体に貢献した人物としても知られています。

1983年にロバートソンのマデバという場所に畑を購入して、1985年にその大部分をシャルドネに植え替えました。そして1990年にピーター・フェライアさんをワインメーカーに迎えると同時に、本格的シャンパーニュ方式で造られるスパークリング生産を開始します。そのスタンダード・キュベは、1994年にはアパルトヘイトが廃止されて、初代大統領となったネルソン・マンデラ氏の就任パーティーにて、使われるほどあっという間に南アのトップブランドとして認識されるようになりました。

そのワインにオバマも元大統領がであったのが2008年2月。大統領選出馬を決意した日に、ミシェル夫人と一緒にでかけた、いつものお気に入りのレストランで薦められ、飲んでみると非常に気に入ったのです。早速、その場で6本購入し、『選挙に勝利した暁に飲もう』と決心したといいます。そして、大統領選挙当日の11月4日、それが現実のものと なり、シカゴのグラント・パークでの勝利宣言をする直前、側近たちとともに、このスパークで乾杯し、あの歴史に残るスピーチをした、というまさに勝利の美酒です。

最近カートに入れた商品

最近ご覧いただいた商品

あなたにオススメの商品

WEEKLY
RANKING週間ランキング

ジャンル別ランキング1st

11.5 Update

食品市場ランキング

新着ワイン