あなた好みのワインを見つける6つの扉
モーゼルユンガー特集

  • トップ
  • 白ワイン
  • ピーター・イーランズ・マールボロ・ピノ・グリ 2015 白ワイン

しっかりとしたコクとパッションフルーツ!ピノグリ100%の白!

ピーター・イーランズ・マールボロ・ピノ・グリ 2015 白ワイン

    商品コード : cas0018
    価格 : 円(税別円)
    しっかりとしたコクとパッションフルーツ!ピノグリ100%の白!
    ポイント : 18
    数量    売り切れ
     

しっかりとしたコクとパッションフルーツの香り高い高品質白ワイン!
ニュージー・ソーヴィニョンの聖地マールボロのアワテレ・ヴァレーを拠点に造られるピノ・グリ100%のワイン!
今や世界80か国に輸出するニュージーを代表する造り手が手掛けるワイン!
熟成具合もちょうどよく、飲み頃です!




[ピーター・イーランズ・マールボロ・ピノ・グリ 2015]





写真上)創業者であるピーター・イーランズ夫妻。
イーランズの畑は、マールボロの中でも海に近い畑で、海洋性気候をもつ理想的な畑です。


ニュージーランドの白ワインといえば、ソーヴィニョン・ブランというのが、定番ですが、今回ご紹介するのは、ピノ・グリ!

ピノ・グリは、もともとはピノ・ノワールの突然品種として生まれました。

濃厚で飲みごたえのあるしっかりとした味わいが特徴で、フランス各地ではブルゴーニュをはじめ、各地で(名前が様々ですが)造られています。新世界では、オレゴンが有名ですが、やはり冷涼な産地を中心に各地で造られている品種です。

パッションフルーツ感や、コクのある味わいはなんといっても魅力的で、ニュージーランドでも栽培が盛んな品種でもあります。

今回ご紹介するワインもマールボロ産ピノ・グリで、適度な熟成によるしっとりとした果実味と長い余韻が楽しめます!


それが
[イーランズ・マールボロ・ピノ・グリ 2015]


イーランズの歴史は、海洋農産物のビジネスで成功したピーター・イーランズ氏が2002年にニュージーランドの南島、マールボロのアウテレ・ヴァレーに設立した15年足らずのワイナリーですが、イーランズ氏のリーダーシップによって、急速に成長した注目すべきワイナリーです・

2002年に南島の海に面した場所に土地を購入し、ブドウの栽培を開始したのが、ワイナリーとしての第一ステップでした。

イーランズ氏は、マールボロの出身ですが、ワイン醸造の専門家ではないため、当初から、そのラインナップごとに優れたワインメーカーを置いたことも成功の源だったのです。

今やニュージーランドワインの大手ワイナリーとして世界80か国に輸出する造り手となり、
【世界ナンバーワンのソーヴィニョン・ブラン生産者】
【ニュージーランド・ワイン・プロデューサー・オブ・ザ・イヤー】
【ニュージーランドの赤ワイン生産者ナンバーワン】

などのタイトルを獲得しています。

また、設立当初から、自然に優しいワイン造りを行うことをミッションにかかげており、今回ご紹介する設立者自身の名前を冠したこのワインのコンセプトは、ずばり【自然に優しいワイン】!

2016年には、ドイツの監査機関が環境に優しい企業として認証を与える【GC-Mark】という認証を、ワイナリーとして世界ではじめて得ています。

自然と共存し、環境に矢差引くあり続けなければ、本当に美味しいワインが生まれない!という考えの下で造られているのです。

ピノ・グリは、白品種ですが、ピノ・ノワールの突然変異から生まれた品種で、皮は灰色がかったピンク色で、コクのある味わいが特徴。ニュージーランドでも盛んに栽培される品種となっています。

その味わいは
『白桃、キウィ、メロン、シトラスの香りが複雑にあり、期待のもてる香り。口当たりはリッチでスムーズ、透明感にあふれるボディ。輪郭がある酸があって余韻も長く、コクもあります。適度な熟成による複雑さが増していて、とても美味しい!』

ぜひ、お楽しみください。

※品切れの際、至急インポーター様の在庫を確認し、
 補充いたしますが、終売の場合は何卒ご容赦ください。



Peter Yealands Marlborough Pinot Gris 2015
■色・容量:
白750ml
■ALC:
13%
■ブドウ品種:
ピノ・グリ100%
■産地:
ニュージーランド、マールボロ
■味わい:
辛口
■ラベル表示:
酸化防止剤(亜硫酸塩)


ニュージーランドの白ワインといえば、ソーヴィニョン・ブランというのが、定番ですが、今回ご紹介するのは、ピノ・グリ!

ピノ・グリは、もともとはピノ・ノワールの突然品種として生まれました。

濃厚で飲みごたえのあるしっかりとした味わいが特徴で、フランス各地ではブルゴーニュをはじめ、各地で(名前が様々ですが)造られています。新世界では、オレゴンが有名ですが、やはり冷涼な産地を中心に各地で造られている品種です。

パッションフルーツ感や、コクのある味わいはなんといっても魅力的で、ニュージーランドでも栽培が盛んな品種でもあります。

今回ご紹介するワインもマールボロ産ピノ・グリで、適度な熟成によるしっとりとした果実味と長い余韻が楽しめます!

その味わいは
『白桃、キウィ、メロン、シトラスの香りが複雑にあり、期待のもてる香り。口当たりはリッチでスムーズ、透明感にあふれるボディ。輪郭がある酸があって余韻も長く、コクもあります。適度な熟成による複雑さが増していて、とても美味しい!』

ぜひ、お楽しみください。

最近カートに入れた商品

最近ご覧いただいた商品

あなたにオススメの商品

WEEKLY
RANKING週間ランキング

ジャンル別ランキング1st

11.5 Update

食品市場ランキング

新着ワイン