シャンパーニュ・ジャック・ブサン特集
ドメーヌ・ガシェ特集
あなた好みのワインを見つける6つの扉
ヴィンツァークレムス特集
シャンパーニュ・フロマンタン・レクラパール特集
モーゼルユンガー特集
マスラヴァル特集

待望の新ヴィンテージ入荷!

ヨハネス・ツィリンガー ヴェルエ・ロゼ・カベルネ 2021 ロゼワイン

    商品コード : orv0018
    価格 : 円(税別円)
    待望の新ヴィンテージ入荷!
    ポイント : 26
    数量    売り切れ
     

※品切れの際、至急インポーター様の在庫を確認し、
補充いたしますが、終売の場合は何卒ご容赦ください。


Johannes Zillinger VELUE Rose Cabernet[2021]
■色・容量:
ロゼ辛口750ml(スクリューキャップ使用)
■ALC:
11.5%
■ブドウ品種:
カベルネ・ソーヴィニヨン
■産地:
オーストリア、ヴァインフィアテル
■味わい:
ライト〜ミディアムボディ
■ラベル表示:
酸化防止剤(亜硫酸塩)


【待望の新ヴィンテージの入荷!見つけた方はお早目に!】

「ヨハネス・ツィリンガー ヴェルエ・ロゼ・カベルネ 2021」!!

このワインが造られるのは、若手醸造家の活躍が著しい伸び盛りの産地、ヴァインフィアテル!! 南のドナウ河から北のチェコ国境、西のマンハルツベルクから東のスロヴァキア国境まで広がっているオーストリア の中では比較的大きな産地です。

ヴァインフィアテル東部のこの地域は、イリュリア人とケルト人が葡萄を栽培してワインを造ったのが始まりとされています。 フェルム=ゲッツェンドルフは、時のバイエルン州パッサウの修道院によって設立されました。 この地域で最も古い葡萄畑Steinthal(シュタインタール)は、1520年の文献でその名を見ることが出来ます。

このワインを造る、ヨハネス・ツィリンガ―醸造所は、 1673年創始と350年の歴史がありますが、1980年まではブドウ栽培は副業であり、当時は養豚がメインでした。 現在の醸造家、ヨハネスの父ハンスが1980年代に畑での栽培を化学肥料や殺虫剤等を使用しない、より自然な農法に転換。 1994年にはついに単独なワイナリーとして長い歴史に新たなページを加えました。

ご紹介するのは、カベルネ・ソーヴィニヨンを使った個性的なロゼワイン!オーストリアの中でも、ヴァインフィアテルは北部に位置し、比較的冷涼な気候から、この品種は赤ワインにするより、繊細さや豊かな酸味が残るロゼにするのは生産者のセンスが感じられる選択だと思います。

このワインに使われるブドウの樹齢は平均30年。 畑・土壌はフェルム=ゲッツェンドルフ、森林が近く冷涼、丘陵最上部、標高240メートル、土壌は砂岩質です。 森林が保水してくれることから、乾燥した地域でも水分量が適切に確保できます。 醸造は天然酵母で自発的な発酵、95%ステンレスタンク、5%のみアンフォラで果皮浸漬。 23℃を越えないようにだけ温度管理 熟成はステンレスタンク、4〜6週間ごとにバトナージュ。

カベルネ・ソーヴィニヨンらしい、凛とした骨格がありつつ、エレガントな酸味、厚みのある味わいのロゼワイン。 暑い時期は、軽めの赤ワイン感覚でも食中で活躍しそうです。 表示限りの限定品です。 是非、お試しくださいませ!!!

最近カートに入れた商品

最近ご覧いただいた商品

あなたにオススメの商品

WEEKLY
RANKING週間ランキング

ジャンル別ランキング1st

11.5 Update

食品市場ランキング

新着ワイン