アッポローニオ特集
シャンパーニュ・ル・メニル (Champagne Le Mesnil)特集
シャンパーニュ・ジャック・ブサン特集
あなた好みのワインを見つける6つの扉

ユルチッチ ベレ・ナチュレ・ロゼ 2021 ロゼワイン
  • ユルチッチ ベレ・ナチュレ・ロゼ 2021 ロゼワイン

ユルチッチ ベレ・ナチュレ・ロゼ 2021 ロゼワイン

    商品コード : awk0145
    価格 : 円(税別円)
    ポイント : 34
    数量    売り切れ
     

オーストリア、カンプタールの老舗人気生産者★ユルチッチ! ツヴァイゲルト 、ピノ・ノワール、カベルネ・ソーヴィニヨンの3品種の絶妙なバランス!
『ライトな赤ワイン感覚で楽しめる、少し濃いめのうまみたっぷりのロゼは食中にも!』


酸化防止剤が微量なので、夏場の配送はクール便を推奨します。
常温便での配送での商品の不良のお申し出は受け付けかねますので予めご了承くださいませ。 ※無清澄で、濾過は最小限のため、滓が沈殿しています。栓を空ける前に瓶をゆっくり一度上下してください。
★キャップシールがありませんが、元々使用していません。

※品切れの際、至急インポーター様の在庫を確認し、
補充いたしますが、終売の場合は何卒ご容赦ください。


Jurtschitsch Belle Naturelle Rose 2021
■色・容量:
ロゼ750ml
■ALC:
12%
■ブドウ品種:
ツヴァイゲルト 、ピノ・ノワール、カベルネ・ソーヴィニヨン
■産地:
オーストリア・カンタプール地方
■味わい:
辛口ミディアムボディ
■ラベル表示:
酸化防止剤(亜硫酸塩)


カンプタールを代表する人気生産者のユルチッチの今や定番的ロゼワイン、

「ユルチッチ ベレ・ナチュレ・ロゼ 2021」!

見た目はとってもキュートなエチケットのロゼですが、味わいは本格派! べルナチュレのロゼは標高の高い場所にある、ロイザーベルク畑を主体にクフェールクナイスにレス土壌が被さる、異なる区画の畑から収穫した葡萄を使用しています。 立ては垣根仕立て(ギュイヨ式及びコルドン式)。 夏場は非常に暑い地域なので、ウオーターマネージメントには大変注意を払っています。グリーンカバーと、自家製のコンポストは葡萄の樹の成長のバランスを取る為に重要です。剪定とリーフワークの段階で選別している為、グリーンハーベストは行いません。 2世代にわたって除草剤と化学肥料は使用していません。茶葉の肥料やホエー(乳清)などを使用してます。

葡萄は全て手摘みで収穫。 ツヴァイゲルトとピノ・ノワールをプレス後、全房のカベルネ・ソーヴィニョンを加え一緒に発酵。 600リットルのニュートラルなオークバレルで6ヶ月間澱と共に発酵と熟成を行います。 清澄はせず、沈殿の後グラヴィティシステムにて軽くろ過し、瓶詰め。 酸化防止剤は瓶詰め時に10mg/リットル亜硫酸を加えるのみ。

こうして完成したのがこのベルナチュレ・ロゼ。
ワインメーカー曰く、 『ベル ナチュレルとはナチュラル美女という意味です。 造り手に出来る事は葡萄 そのままのキャラクターを引き出す事です。 100%健康な葡萄で、私たちが余計な事をする事は何も無く、自然な酸を蓄えた熟した葡萄を収穫する事が出来ました。酸を保った葡萄は私たちの産地ではとても大事で、長期熟成可能なワインを産み出します。』

ユルチッチ氏のワイナリーを訪問した際も、お会いした際も、いつも自然へのリスペクトを語っていたアルヴィ ン氏の自信作。ボトルの中にカンプタールの優しい自然がぎゅっと詰まったワインです。

ロゼ、と言ってもやや色が濃い、 暑い時期は赤ワインの代わりにもなりそうな、繊細だけど、しっかりとブドウの美味しさも楽しめるワインです。 しっかりした酸味に支えられていますが、ユルチッチならではの優しい印象、ワンランク格上のロゼワイン。 最初は温度が冷たいところから、徐々に上げていってもダレないワインの質の良さを感じます。 ちょっとスパイシーなアジアン料理にはもちろん、様々なお食事との相性をお楽しみくださいませ。

****************************************************

ユルチッチ・ソンホーフ醸造所は、700年の伝統、150年のワイン史を持つ、人気生産地・カンタプール地方にある、オーストリアでも屈指の名門ワイナリーです。

ワイナリーは1868年にユルチッチ家の所有となり、1972年に父ヨーゼフから経営を引き継いだユルチッチ3兄弟 (長男エルヴィンがぶどう畑、次男のパウルが醸造、三男のカールがマーケティング及び販売)の見事な連携に より、今の成功に至ります。 ユルチッチ兄弟は、経営を引き継いだ1972年よりぶどう畑は生態環境保護の理念に基づいて、無農薬栽培を始め、 すでに1970年代には自然農法のパイオニア的存在でした。 以来、化学肥料、合成殺虫剤、除草剤は全く使用せず、グリーンカバーと堆肥が施されています。 また1978年、この地区で初めて冷却したステンレスタンクでの発酵を導入するなど、常に新しい試みに挑戦し改 革を遂げています。 2000年には最新醸造設備を整えた独自のテラス状セラーを建設。

彼らのワインは、優れたヴィンテージと素晴らしい地理的特徴により、国際的に高く評価されています。 現在は若きアルヴィン氏が醸造責任者を引き継ぎ、白ワインは100%ステンレス発酵、赤ワインにはオーストリア オークを一部採用するなどさらに味のレベルの向上を図っています。

2012年からはアルヴィン・ユルチッチさんと妻のステファニさんがワイナリーを引き継ぎ、さらに自由な発想のワイン造りを行っています。 歴史と伝統あるワイナリーが素晴らしい環境の畑、最新の醸造設備や技術をもって、「伝統」がさらに「進化」を遂げています。

最近カートに入れた商品

最近ご覧いただいた商品

あなたにオススメの商品

WEEKLY
RANKING週間ランキング

ジャンル別ランキング1st

11.5 Update

食品市場ランキング

新着ワイン